ファクタリングとは?


ファクタリング?
難しい専門用語にはお手上げだという人もいると思いますが、簡単に言えばアメリカなどで発達した貿易又は金融システムとなります。

 

主に企業の保有している売掛金をあらかじめ契約している金融機関が買い取る事により、資金調達を目的とされている方法を意味している事となります。

 

日本ではあまりまだ認知されていないようなのですが、このファクタリングの利便性を知った会社などは次々導入をしてたりするようですね。

 

一般の人にはあまり無関係かもしれませんが、中小企業などで働いている人達にはぜひ知っておいてほしいファクタリング。

 

日本では昔からファクタリングではなく手形取引が発展していました。

 

仕入れなどで買い手側が手形で支払った場合、売り手側が納期を守り納品しても買い手側からの支払いは何ヶ月後払いという風になっておりまして更に手形での支払いとなると受け取った手形を銀行へ持ち込んで、初めて現金化となるわけなのですが、これでは効率が悪いといったものだと思われますよね。

 

更に利息を取られるのでいくらか差し引かれた金額を受け取るという結果となります。

 

これが今までの中小企業の取引方法だったりするのですが、しかし今の時代ではこの手形取引よりもファクタリングで売掛金を買い取ってもらう方が現金化よりをスピーディーに行えるようになっていたりするんです。

 

ファクタリングであれば基本的な事は手形取引と似ていますが、売掛金を手形に変えて銀行に持ち込む方法ではなく、あらかじめ契約している金融機関に売掛金のまま買い取って貰えるので、売り手側への現金化が大変スピーディーとなるわけなんです。

ファクタリングのメリットって?

ファクタリングのメリットは何と言っても、売掛金を早期で資金化出来る点だと思います。

 

通常であれば売掛先である企業から実際の支払いが実行されるまで支払いサイトでは多少の遅延がありますが、サイトによって期間は最低30日から最高180日以上と様々で対応が遅くなる事が多いようですね。

 

このままではキャッシングフロー(金銭の流れ)が煮詰まってしまいますのでファクタリングを利用するという事となるんです。

 

金融機関からつなぎで融資を受ければ借入金として扱われますが一時的なキャッシュフローなら賄える事が出来るでしょう。

しかし借入額が増加すれば利子による問題などによってはヘタすれば長期において企業の資金繰りを圧迫して困難になる場合が考えられます。
その点ファクタリングは売掛債権の譲渡となるので資金化したとしても借入として計上せずに済むというメリットがあります。

 

更に売掛先の企業が例え倒産してしまっても支払いリスクが発生しないので、ファクタリング譲渡金の救済が不要となるという意味でも
先行きの心配がなく安心してご利用出来るというメリットがあったりするのです。

 

これからの中小企業の取引においてファクタリングの需要性について考えましても、どの社もマイナスになる事がほとんど無い事からノーリスクの取引方法として注目を浴びていたりもします。

ここが気になる!?ファクタリングの手数料と消費税について

手形取引に比べて断然早く資金化が出来る金融取引のファクタリング。

 

実際これを実行したらいくらかかるの?
手数料や消費税についても知りたいって思う人がいると思います。

 

実はファクタリングの場合、
平成2年の消費税施行時以来政策目的などの一定の取引においては消費税が非課税という事となっております。

 

金融取引というものは債権売買の手数料なども非課税取引と定められていますので、ファクタリングの手数料は実質、非課税という事になります。

 

金融取引のファクリタングに関して利息も非課税となっており、手形割引の手数料なども期日末到来の債権を現金化という事で支払い利息類似取引として非課税となっているみたいでした。

 

よって結論を言えば、ファクタリングの手数料及び手形割引料は共に非課税取引という事になるみたいです。

 

より安全にノーリスクで取引が行えるという点においても、ファクタリングは中小企業にとって欠かせない金融取引という事がよくわかると思います。

 

それにしても手数料及び手形割引料が非課税で行えるというのは大変有り難いものですよね。

 

これなら安心してファクタリングをご検討出来る事なのではないでしょうか?

 

無駄に費用を払う事なくリスクも背負うことない金融取引ファクタリング、中小企業の皆様にぜひオススメしたいものです。

ファクタリングの良いところ・悪いところ

金融取引の一つであるファクタリング。
これは債権売買で期日末到来の債権の現金化する事を言います。

 

受取手形の割引も大まかに言えばファクタリングの一種となりますが、一般的なファクタリングでは手形の実物を省略するといったものとなります。

 

これによって郵送、保管、管理などの事務負担及び印紙代などの必要経費削除により節約する取引を意味しております。

 

取引には債権者、債務者、債権を買い取る金融機関が要されますが注意が必要。
買取の契約条件として売買契約の特約には"瑕疵担保持約"というものがあり、売買対象に瑕疵があった場合、買戻しの義務を決めたものとなっております。

 

これは手形割引の不渡りに類似するものとなっていました。

 

ファクタリングの良いところとしては手形割引と比べて瑕疵担保が無い事だったりしますが、基本契約に"特約"が入っている場合免責にならない場合があるようです。

 

金融取引の一般的名称であるファクタリングは個々個別に契約内容を決める仕組みとなっているので、悪い所や悪条件の条項が無いか基本契約をじっくり確認すると良いでしょう。

 

もし基本契約に悪いところがある場合、そのデメリットの条項の修正を求める事が出来ますのがファクタリングの特徴です。

 

決して見逃す事のないように基本契約内容を把握して、納得いく条件で契約する事が何より大事なんだと思います。

 

資金調達のプロ

経営者、法人様向けに「ファクタリング」という方法で資金を提供するサービスです。
事業資金を手に入れる為、融資や借入のような「お金を借りる」ということと非常に似ているのですが、
ファクタリングの場合は「売掛金を買い取ってもらう」という内容です。
つまり「ローン・貸金」ではなく、「売掛金の売買」となります。
非常に簡単なフォームで無料診断ができます↓↓↓

 

ファクタリングの種類について

ファクタリングでは他人の売掛債権を買い取って、その債権回収を実行する金融サービスとなっておりますが
主に三種類あります。

 

一つ目は保証ファクタリングというもの
これは人が所持している売掛債権を与信判断で買い取って債権回収を行います。

 

債務者が倒産や経営破綻などで支払い不能になった場合
ファクタリング会社が債権会社に代金を支払う仕組みとなります。

 

他には国際ファクタリングであれば貿易取引で使われる"信用状開設"に伴ったコストの軽減が出来たりするようでした。

 

そして一括回収などもありましたけれども
業者も銀行系から金融系、ノンバンク系などシステム構築が可能で信用調査機能がある会社など多く参入されているようでした。

 

ファクタリングも各々の目的によって選べて検討出来るので
大変便利な金融取引手段だと思われます。

 

特に保証ファクタリングはいざ債務者から資金を回収出来ない場合があっても損害なく
保証してくれるのでノーリスクで資金調達が出来る方法としてはとても優れた金融取引と言っても過言ではありません。

 

いくらお得意さんとお取引をしているとは言えど
不景気の世の中いつ債権回収不可能になるかはわかりませんのであらかじめ保証ファクタリングを契約しておく事で備えあれば憂いなしという事なんだと思います。

 

これからの中小企業の皆様には是非いざという時の対策も兼ねてこれをご検討していくべきなのかもしれません。


このページの先頭へ戻る