不動産ローン ノンバンク記事一覧

不動産担保ローンは、担保になる不動産の価値によって、高い資金が得られます。銀行とノンバンクの金融商品として、事業性資金だけではなく、個人でも契約ができます。ノンバンクの不動産担保ローン銀行と比較されることが多いですが、金利は高いが審査はゆるいです。事業資金としては、取引銀行などで根抵当権をつけての利用が最適でしょう。資金が必要なときに、すぐに資金繰りができるシステムです。しかし、信用がなければなら...
銀行系のローン商品は、ノンバンクと比較をして金利は低いです。低金利商品は、より詳細な審査が必要ですが、銀行の業務の関係から、審査時間は長くかかる傾向にあります。ノンバンクは審査が甘いことも売りですが、同時に資金調達が早いことでも評判です。即審査で、結果が即日のところもあります。かなり大きなメリットとなるでしょう。事業性資金で即資金がほしい場合、金利が高くても、このスピード融資は魅力の一つです。イン...
不動産担保ローンは、個人向けと事業性資金に使えるローン商品です。それぞれ同じようですが、使用目的で区別されます。個人向けの不動産担保ローンの場合、使途自由となっているのです。事業性資金としての使用は禁止されています。個人向けの不動産担保ローンの使途子どもの進学資金、リフォーム資金、まとめローンなどに使えます。主に生活資金に対するものです。限度額は、担保物件の評価額に準ずるのですが、返済能力も関係し...
不動産担保ローンに必要な書類は、本人確認書類、源泉徴収票や不動産関連書類です。当然のことながら、納税している証明書は必要です。また、評価額に対する借入額は6〜7割で、抵当権の書き換えなどで別途手数料がかかります。金額に応じて高くするのですが、手数料の存在で、実際に手にすることができる金額が下がる感覚はあります。それでも金利は変動金利、固定金利でも、無担保ローンと比較をしても低いのが特徴です。返済期...
不動産担保ローンはノンバンクが良いとされる理由では、融資実行の早さです。インターネット申し込みで手軽にできます。来店がない事から、全国各地からの申し込みもできます。自由な範囲ノンバンクでは、使途自由であり、審査内容も銀行ほど時間も手間もかからないです。ですから、当初より多い資金の限度額の場合、つなぎ資金や競売の落札などの事業展開ができる可能性もあります。運転資金だけではなく、自由に使い勝手が良いの...

このページの先頭へ戻る