不動産担保ローン 審査落ちた

  1. まとめローンとして利用したい時
  2. 収入の低さが審査落ちの原因
  3. 固定資産税未納は審査落ちの可能性大
  4. 住宅ローン返済中の不動産担保ローンはできる?
  5. ブラックリストは厳しい判断

 

 

まとめローンとして利用したい時

不動産担保ローンは、銀行や専門業者も多いです。
担保ローンですから、審査は柔軟で銀行のほうが審査は厳しいです。

 

不動産担保ローンをまとめローンとして利用したい

不動産担保ローンは、カードローンよりも金利が低く、評価額が高ければ、まとめローンとして利用が可能です。
多重債務者は、新しいキャッシングではなく、不動産担保ローンに申し込みをして、まとめローンとしたい場合があります。
この時の審査としては、他社借入が多すぎて、信用情報でブラックになっている可能性があります。
もちろんまとめローンの用途はわかっていても、融資金額が多く、ブラックだと審査落ちになってしまう場合があります。

 

この時の解決策としては、審査の甘い消費者金融への不動産担保ローンが良いかもしれません。
物件の評価額が高く、現在の借入合計額分があるとして、
審査がブラックでも審査対象になるのであれば、不動産担保ローンができるでしょう。
ただし、審査が甘い場合、金利が高い場合がありますので、金利は確認して下さい。

 

 

融資実行の時期

多重債務解消の不動産担保ローンの利用は有効です。
評価額が高いことで、まとめローンとしては最適なのですが、
返済できなくなってから申し込みをするのではなく、そろそろ返済が苦しいというときのタイミングの問題です。

 

破綻状態で金融機関の不動産担保ローンの申し込みではなく、
このまま行くと、自己破産になってしまうかもしれないという時の、見極めが必要です。
ブラックになっていないということは、借り過ぎでもなく延滞もしていない状態です。
融資対象の不動産の価値は変わらなく、信用情報の内容が大きな問題になります。
不動産担保ローンでの、まとめローンそのものは推奨されているものですから、多重債務の程度が肝心でしょう。

 

ネット銀行などの基準金利は低い

金利比較では、圧倒的に銀行は低く抑えることができますが、審査は厳しいのです。
審査の甘い消費者金融では、金利が高いので、
多重債務の全体の金利を上回ることがあり、まとめローンの役目を果たさないこともあります。

 

しかし、総量規制対象外の融資になり、多重債務完済で信用情報的には、ブラックリストの心配もないです。
不動産担保ローンにすることで、キャッシング機会も増えるというメリットもありますが、
実際には総返済額の確認や不動産担保ローンの返済ができないと、不動産を失うこともあります。
金利が高い不動産担保ローンの場合は、慎重に検討することが必要です。

 

 

 

収入の低さが審査落ちの原因

不動産担保ローンの契約では、返済期間が長く設定されることから、完済までの返済能力が高く評価されます。
また、金利も固定金利ではなく、変動金利に設定されることが多いです。
これで、審査で求められるのは一定収入です。

 

年収がネック

不動産担保ローンを組みたい時に、高い年収が良いか、一定年収が良いか。
どちらも大切ですが、一定収入が決め手になります。
公務員などで勤続年数が長いほど、安定感があります。
会社の倒産の心配もなく、というのが審査通過のネックです。
民間会社がダメというのではなく、完済までの収入がある方が良いのです。

 

不動産担保ローンは、評価額の7割程度の融資額になります。
年収が低いことで信用もなくなって審査落ちのこともあります。
では、少ない融資額の希望であれば対応してくれることもあります。

 

不動産担保ローンの手数料

カードローンなどは、手数料の類いはかかりません。
不動産担保ローンは評価額の鑑定代、
抵当権の書き換えなどで、10万円以上の手数料が発生します。

 

カードローンよりも低い金利だとしても、手数料の加算をすると、
あまり多くの融資額がない場合は、金利差がなくなってしまう場合があります。
収入が低いから、少しだけの不動産担保ローンの借入だとしても、
却って、そんなにメリットが多いキャッシングでなくなることがあります。

 

 

収入がポイントの不動産担保ローン

融資対象の評価額が高い。
その一部の不動産担保ローンでは、カードローンなどの方が得ですが、
信用情報を含め、年収が低く返済能力がないと、その一部の不動産担保ローンの審査も通らないのです。
担保がある分柔軟な審査は期待できますが、返済能力に厳しい金融業者の場合は、そうは行かないのです。

 

また、信用情報で自己破産などの債務履歴があったり、
信用が低い場合は、年収でカバーできないことが審査落ちの原因です。

 

反対で考えると

多重債務でまとめローンにしたい。
収入はそれなりに高いという申込者であれば、不動産担保ローンができる確率が高いのです。
延滞などの金融事故がないことが条件になりますが、多重債務者で収入は高いけれど、
もう少し金利が低い、不動産担保ローンに乗り換えができます。

 

これは、返済能力が高いこの証明であり、融資対象の完済ができると考えられるからです。
パートやアルバイトなどでも不動産担保ローンの申し込みができますが、
実際は融資が大きい契約になると、審査落ちしてしまう場合が多いということです。
収入はすぐに増やすことができませんから、不動産担保ローンではない別の方法を考えるしかないです。

 

 

 

固定資産税未納は審査落ちの可能性大

不動産担保ローンで、絶対に審査落ちになってしまうのが固定資産税の未納です。
一回でも未納があると、担保価値がゼロになってしまうという大変なことです。

 

信用の問題

税金の未払いは、その方の信用に関わります。
評価額が高ければ、固定資産税も高いですが、
有無も言わず、完済している状態での担保でなければならないのです。
ですから、完済後に改めて申し込みをすることになりますが、
実は、そのお金を借りたいから、不動産担保ローンと考えている場合もあります。

 

しかし、この場合は不動産担保ローンではなく即売却をしなければならないことに。
もちろん、固定資産税の分は差し引くことになります。
もし、自身の信用情報にも何も問題がない、ここだけがネックだとしたら、即解決しましょう。

 

 

不動産担保ローンの融資の審査は平均して柔軟

無担保ローンではない不動産担保ローンは、柔軟審査と低金利がメリットです。
手数料などは余計にかかるのですが、無理のない返済ができ、
借金ですが最終的に返済ができないと売却をすることで、債務者も債権者もリスクが多少軽減されます。
返済額は、低金利ですが、住宅ローンほどではないので、10年間の返済期間だとしても、相当な利息になります。
金融機関としては、安定したローンの扱いで保証会社の保証が得られたとしたら、
融資金額が高くても、審査には比較的柔軟だと言います。

 

評価額によるのですが、損をしない程度の融資額の設定にします。
無担保ローンではなく、担保がある安心感は大きいのですが、
固定資産税の未払いがある物件は価値がない、契約ができないのです。

 

審査の甘い不動産担保ローン

ところが、一部の金融業者では、融資金額で滞納している、
固定資産税の支払い込みでの、融資に対応することがあります。
最初にきちんと告げることが必要ですが、本当に固定資産税が払えなく、お金が必要な場合もあるでしょう。
甘い審査と称している金融業者などでは、融資額の減額を条件に審査通過もありますが、
長期滞納などに、対応していないとのことです。

 

また、このような美味しい審査内容の場合、金利が高くなったりする場合も多いです。
不動産担保ローンで、最初から固定資産税未払いでもOKとある場合は、注意が必要です。
収入が高い、返済能力があると判断された場合、高い金利での不動産担保ローンの話になることがあります。
一応、評価額が高い物件だとしても、固定資産税未納では、審査落ちになると覚えておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

住宅ローン返済中の不動産担保ローンはできる?

住宅ローン返済中の不動産担保ローンの可能性ですが、ゼロではありません。
銀行の不動産担保ローンの場合、大抵は審査落ちになりますが、不動産担保ローン専門業者、
消費者金融などでは、第2抵当権として、審査対象になることがあります。

 

第2抵当権の権利

2000万円の評価額の物件では、普通融資額は1000万円あるかないかです。
ところが、2000万円の物件に対して、住宅ローンの返済中で、
まだ1000万円しか支払いをしていない場合は、当然1000万円融資額はないです。
価値が下がるのではなく、自身が不動産担保ローン、担保として差し出す部分が減少してしまうのです。

 

第2抵当権は、その範囲の模索であり、最終的に、
ほとんど価値のない、不動産担保ローンになってしまうこともあります。
そして、第2抵当権の権利として、10年間は支払いをしている、
何割かの支払いが完了しているなどの、条件がつくこともあります。

 

 

住宅ローン返済中でNGな例

保証会社の、保証が得られる期間は決まっています。
少なくとも10年は過ごしていないと審査対象にならないので、
住宅ローン3年目の不動産担保ローンなどは、最初から無理な話です。
同時に住宅ローンの返済そのものが負担が大きい場合も審査に通らないです。

 

返済負担率は、収入における住宅ローンの返済額が大きい場合も、
不動産担保ローンではないことも多いでしょう。
住宅ローン返済中OKだと言っても、その条件は細かく設定されています。

 

保証会社の保証

銀行などでは実際の審査は保証会社が行うことになります。
融資額、返済額が妥当なのか?信用情報から他のローンなどの返済状況はどうなのか?
他社借入が多い多重債務者で、不動産担保ローンをまとめローンにするのか?
これらの事項などを、細かくみていきます。

 

銀行よりも消費者金融の方が審査内容はゆるくなりますし、
審査の甘い中小消費者金融などでは、その基準が大幅に下がります。

 

中小消費者金融では、自己破産者の債務整理をした方もフリーローンなどでは、
審査対象になり数万円の小口融資にも対応していますが、不動産担保ローンとなると融資額も上がります。
その判断は保証会社によるものですが、信用がどこまで得られるかが大きな問題になります。
借入額が少なければ、手数料などで手元に残るお金は少なくなり、不動産担保ローンの価値もなくなりますが、
資金使途自由で、数万円でもほしいと言う申込者がいれば、別ですが、返済のほうが大変になります。

 

そうなると、多重債務であれば債務整理の中でも、個人再生で住宅ローン以外の借金を整理する方法もあります。
また、お金を借りるのではなく、売却の方向で、不動産リースバックの方法などもあります。
住宅ローンを抱えての不動産担保ローンは難しいですが、
どのような資金を借りたいかで、その後のローンの方法なども模索することが必要でしょう。

 

 

 

ブラックリストは厳しい判断

不動産担保ローンが無担保ローンよりは審査が甘くなっているのは、回収できる担保の存在が大きいです。
評価額から7割程度の貸付ですが、返済不能になっときには、
回収して売却することで、金融業者としては丸損はしないことが、柔軟審査の理由です。
しかし、一定の審査がありますが、それは無担保ローンの審査項目と同じです。

 

他社借入状況

これは多重債務者のことですが、借入と返済額を確認します。
4社程度が審査落ちラインだと言われていますが、過去2年間の延滞記録がなく、
今回の不動産担保ローンの申込みが、多重債務解消のまとめローンの場合、審査通過が期待できます。
そうではなくも返済期間に延滞や滞納があり、不動産担保ローンが新たなキャッシングだとしたら、審査落ちは決定的です。
第一、返済能力は残っていないでしょうと言われるのが、関の山です。

 

 

返済状況

直近24ヶ月が、不動産担保ローンの確認ラインです。
年2回の延滞があると、うっかりミスだとしても審査落ちの原因になります。
融資返済の延滞に関しては、どんなキャッシングでも審査落ちの原因で、信用度を図る上で大きなポイントです。
保証会社の保証でも、延滞と滞納は厳しいです。

 

返済事故、ブラックリストの記録

審査では、ブラックは不動産担保ローンは難しいです。
債務整理後、自己破産などは5〜10年間の申し込み段階で審査落ちですが、
保証会社の代位弁済などの情報も、金融機関では審査対象にもならないです。
融資実行は無理であり、審査の甘い中小消費者金融などでも、代位弁済などは保証がない場合も多いです。

 

ただし、ここの金融事故に関しては、10年以上の時間の経過で、記録が更新されると言います。
過去は過去と言い切れる内容ですから、10年以上待てば、不動産担保ローンもラキラキ契約ができることになります。

 

カードローン審査落ちでも不動産担保ローンで通ることも

消費者金融などで、フリーローンと不動産担保ローンの金利比較でも、不動産担保ローンの方が好条件です。
評価がつく不動産があればの話ですが、金融会社としては、担保があれば審査は甘くなります。

 

しかし、返済状況が悪い方へは、厳しい態度になります。
ただし、高い返済能力があれば、審査の甘い不動産担保ローン専門業者などでは、案外と契約ができることもあります。
そのようなところでは金利設定が高い、評価額が低いなどの情報もあります。
不動産担保ローンについては、事前に口コミなどで会社の評価も知っておくと良いでしょう。
使途は原則自由ですから、事業資金としても使える場合も多いですが、限度額などは確認して下さい。

 

不動産担保ローン 審査落ち記事一覧

不動産担保ローンは、比較的審査が通りやすいといわれていますが、審査落ちしてしまう人もいます。審査が通りやすいローンなら、できれば審査に通って融資したいものですよね。そのためには、申し込み融資条件に似合った状態で申し込むことが大事となります。なぜ審査に審査落ちしてしまったのか、審査に通らなかった理由をチェックしてみましょう。なぜ不動産担保ローンの審査に落ちてしまったのかなぜ不動産担保ローンの審査に落...
不動産担保ローンの担保とする不動産には、抵当権が付きます。この抵当権ですが、金融機関によって二番抵当権でもOKとうたっている場合があります。不動産担保ローンの審査に落ちてしまった人は、二番抵当権でもOKな、金融機関の不動産担保ローンを検討してみませんか?不動産担保ローンの審査に落ちてしまった人に目を向けてほしい、二番抵当権OKの不動産担保ローンについて解説していきます。二番抵当権とはまず、二番抵当...
不動産担保ローンは担保とする、不動産にばかり目がいってしまいがちですが、借り手の債務性も重要視されます。不動産担保ローンの審査に落ちた理由は、債務性の問題かもしれません。不動産担保ローンの債務性の影響について、解説していきます。不動産担保ローンの審査に債務性は影響するのか不動産担保ローンの審査には、債務性の問題は影響しないと思っていませんか?担保とする不動産さえ評価されれば良いと思う人もいるようで...
不動産担保ローンは、無担保ローンと比べると審査通過しやすいローンといわれています。しかし、可能性が高いというだけで、審査に落ちる人は多くいます。不動産担保ローンの審査に落ちてしまった人は、銀行系の不動産担保ローンに申し込んでいませんか?銀行系の不動産担保ローンの審査に落ちてしまった人は、ノンバンク系の不動産担保ローンがオススメとなります。不動産担保ローンの審査に落ちてしまった人は、ノンバンク系の不...
不動産担保ローンの審査が通らない人によくあるパターンといえば、税金未納や滞納です。税金の滞納は不動産担保ローンの審査には影響しないと思い、気にしていない人も多いようです。しかし、融資を受けたい人はお金に余裕がないので、税金未納や滞納となっている人が多い傾向があります。不動産担保ローンと税金未納の関係性について、まとめてみました。どのような税金未納が不動産担保ローンの審査に影響するのか不動産担保ロー...

このページの先頭へ戻る