こんな方は、不動産担保ローンの審査落ち!

不動産担保ローンの審査がどうのと言う前に、こんな状態では、審査落ちの可能性があるという項目があります。

 

 

税金が未納

固定資産税を払っていない場合の不動産は、ローン対象にならないことが多いです。
必ず完納した状態での担保が、最低条件です。

 

虚偽申請

これは、登記に沿った内容あるかを確認します。
旧漢字などの書き方などを、気を付けることです。
勘違いで多いのが、あの部分も土地の一部だったけれど、登記ではそうではなかったということです。
故意の虚偽ではないにしても、勘違いだったでは済まされないのです。

 

 

無収入

審査がとてもゆるい金融機関や不動産会社では、無収入の方の不動産担保ローンができたとの口コミもありますが、原則的に収入がない方については、不動産担保ローンでは審査落ちです。

 

また、収入に見合わない高額の不動産担保ローンに、あまりに低い返済額というのも審査落ちになります。

 

多重債務者

もし、不動産担保ローンで多重債務解消のまとめローンをするにしても、5社・6社という多重債務の方は審査落ちです。
不動産会社を照会され売却することを勧められ、弁護士に相談されるように言われるのがオチです。

 

フリーランス

これは一概に審査落ちとは言えないのですが、フリーランスでも働いていることは確かなことですが、収入が安定していないことで審査落ちになることがあります。不動産担保ローンの額ににもよりますが、よほどの信用が獲得するための努力が必要です。

関連ページ

不動産担保ローンの審査落ちた理由とは?
担保とする不動産の情報が現実と違う、不動産に価値が無い、事故情報など返済能力がないと判断される、税金の支払いが未納、収入と借入金額が合わない、資金使途が合っていない、職業形態と金融業者が合っていないなどの理由で審査に落ちてしまいます。
不動産担保ローンの審査に落ちた人必見!「二番抵当権担保」の金融機関
不動産担保ローンの担保とする不動産には、抵当権が付きます。機関によっては二番抵当権でも良いとのことです。1つの建物に2重の担保設定が出来て、それで不動産担保ローンの融資を受けれます。二番抵当権担保は審査も甘く、不動産担保ローンの審査落ちの人におすすめです。
不動産担保ローンの審査落ちた理由は債務性の問題?債務性をチェック
他社からの借入件数や、毎月の返済金額、直近2年間の返済状況、債務整理や自己破産などの事故情報の有無、保証会社の代位弁済などの実行など、これらに問題がある場合は審査に落ちてしまいます。融資する金額が大きいので、返済能力が乏しい人には融資をしないのです。
不動産担保ローンの審査に落ちた人はノンバンク系がオススメ
銀行系の不動産担保ローンは審査が厳しいため、ノンバンク系のものがおすすめです。審査結果がデルまでが短く、独自審査で甘い審査となり、必要書類が少ない、融資可能金額が多い、評価額が高いなどです。金利や手数料は高いですが、気兼ねなくご利用出来ます。
不動産担保ローンの審査に落ちた人必見!税金未納・税金滞納
所得税、住民税、固定資産税、車税、消費税などの身近な税金も全て不動産担保ローン審査に影響します。未納や滞納がある場合にも審査に通る事は可能ですが、あまりにも多いと厳しくなってしまいます。国民年金未納などになると財産の差し押さえにもなりますので気をつけましょう。相談もありです。
不動産担保ローンの審査に落ちるということ
不動産担保ローンの審査は、普通のキャッシングなどと同じです。いくつか違う点があるとしたら、不動産に関する情報が入り、規準のハードルが下がります。審査落ちの場合には属性が問題となっており、肝心な返済能力が足りてない、個人信用情報機関の照会で事故情報がある方などでしょう。
お勧めは各銀行への相談から
不動産担保ローンは各銀行でも取扱をしていますが、住宅ローン契約している銀行への相談をお勧めします。住宅ローンとの合わせた返済のケースも見受けられるのです。原則として、他のローンがない、今までの住宅ローンで遅滞や滞納がないことなどが、審査に通る規準となっています。
不動産担保ローンの金利について 低金利の銀行の審査落ちはキツイ
不動産担保ローンは、普通のローンよりも低金利で返済期間も長いところが多いですから、返済負担は小さくなります。担保があることで、審査もゆるいことが多いです。借りる機関としては、銀行と消費者金融、信販会社、専門会社不動産会社です。銀行は低金利ですが審査がきついです。
不動産担保ローンの融資額は変動することもある?
不動産担保ローンの融資額は毎年見直しが行われ、変動してしまいます。先のリスクが見えないローンとなりますので、注意が必要でしょう。審査では返済能力の低さで審査落ちとなることもあります。必ず返済計画を見た上での判断ですので、十分に用意しましょう。

このページの先頭へ戻る