不動産担保ローンの審査通過で事業資金に活用してみよう!

不動産担保ローンは、個人向けの商品だけではなく、事業融資として事業資金に活用できる商品もあります。
経営者は不動産を持っている場合も多いので、その不動産を活用して事業資金として使ってみることも良いでしょう。
価値のある不動産さえ持っていれば、スムーズに審査通過して融資を受けることができます。
法人向けの不動産担保ローンについて、詳しくまとめてみました。

 

 

不動産担保ローンは審査が甘め

不動産担保ローンは、審査が甘めの傾向があります。
その理由は、不動産を担保として融資を受けるからです。
フリーローンとは違い担保を設定するので、その分信用力を与えて融資へと繋げることができます。
事業をしている人は、自分たちの思い通りに融資を受けることができなく、
場合によっては、資金不足で困ってしまうこともあると思います。

 

そんな時に目を向けるべき融資が、不動産担保ローンなのです。
不動産さえ持っていれば、融資を受けたい時に融資を受けることできるのです。
事業をしている人は、具体的な使い道が無くても、不動産を持つ場合があります。
それは不動産として活用しようという理由だけではなく、万が一融資を受けたい場合の保険として持つ人もいるほどです。

 

法人に不動産担保ローンがオススメな理由

不動産担保ローンは、個人が利用するイメージがあるかもしれませんが、法人が利用できる不動産担保ローンもあります。
法人は不動産を持っている場合が多くありますので、その不動産を活用して事業資金とするととても便利です。
法人が不動産担保ローンに向いている理由は、これらの2つが挙げられます。

 

 

大きな金額を借りることができる

不動産担保ローンは、不動産の価値に比例して融資金額が決まります。
価値の高い不動産を持っている場合は、高額な融資を受けることができます。
法人や事業者の場合は、不動産を持っている場合が多いので、
上手く活用することで、会社の事業性資金の融資に繋げることができます。

 

低金利で利用できる

銀行の金利よりは高くなってしまいますが、
消費者金融などの銀行系以外の金利よりは、低い金利で利用することができます。
低い金利で利用できるということは、それだけ少ない利息で借入ができるということとなります。

 

短期間の審査で融資してもらえる場合もある

不動産担保ローンは担保とする不動産の調査に時間がかかりますが、
それが終わればスムーズに審査が通過する傾向があり、短期間での融資実行となる場合もあります。
消費者金融の不動産担保ローンの場合は、数日など短期間で融資を受けることが可能となる場合もあります。
すぐに資金融資を受けたい場合には、とてもピッタリなローンといえます。

 

 

どのような不動産担保ローンを選ぶべきなのか

法人は、どのような不動産担保ローンを選ぶべきなのでしょうか。
それは、これらのような不動産担保ローンです。

 

資金使途が自由

不動産担保ローンの中には、資金使途が決まっている商品もあります。
資金使途が決まっている不動産担保ローンの中には、法人が使いにくい条件の商品も多くあります。

 

そこで注目すべきポイントは、資金融資の使途が自由な不動産担保ローンです。
資金使途が自由な不動産担保ローンであれば、開業資金や納税資金など、どんな事にも資金を回すことができます。
事業を行っていて資金不足となってしまうと、様々な部分に資金をまわす必要性が出てきます。
そのため、使途自由の融資商品の不動産担保ローンは法人にとってとても助かる存在になります。

 

ゆとりある返済期間

法人が融資を受ける際は、高額な融資金額となってしまうことがあります。
その場合、長期返済ができると、毎月の支払いが楽になります。

 

不動産担保ローンといのは、金融機関により返済期間はマチマチです。
短期間の返済期間の商品もあれば、長期返済期間となっている商品もあります。
法人の場合は、長期返済ができる商品に目を向けるようにしましょう。

 

法人が利用できる不動産担保ローンの中には、最長35年などのゆとりのある返済期間の商品もあります。
余裕ある返済期間の方が返済プランを立てやすいので、おすすすめです。

 

連帯保証人不要

不動産という物的保証があるので、不動産担保ローンのほとんどが連隊保証人不要となっています。
別途連帯保証人を設定せず、高額な費用の融資が可能であり大変便利です。

 

 

法人向けの不動産担保ローンは銀行では提供していない

不動産担保ローンは銀行系のものと、消費者金融系の2つの種類がありますが、
銀行は法人向けの不動産担保ローンは提供していません。

 

その理由は、銀行ではすでに不動産を担保に付けて金利を下げる商品を持っているので、
不動産担保ローンと、内容が変わらない商品を持っています。
そのため、わざわざ似たようなローンを商品化する必要がないということとなります。

 

こんな法人に不動産担保ローンはオススメ

このようは法人に、不動産担保ローンはオススメです。

 

新規事業を起こしたいけれど開業資金が不足している

開業の際は、まとまった資金が必要となります。
初期投資に不動産担保ローンを利用すると、低金利なので無理なく資金を回すことができます。

 

 

運転資金やつなぎに乏しく借入先が見つからない

取引先などからの入金まで時間があり、入金までのつなぎ資金として利用する法人も多くいます。

 

納税資金の調達

法人は多くの納税金額となるので、納税の支払いに充てる法人も多くいます。
この場合、滞納している税金の支払いでは審査は通りません。
あくまでも、これから支払う為の資金としての借入です。

 

設備投資の資金を得たい

パソコンや社用車など、設備投資の際は大きなお金が必要となります。
設備投資は立派な経費ですので、不動産担保ローンで融資を受けて設備投資をする場合も多くあります。

 

いかがでしたでしょうか。
不動産担保ローンは、法人にとても適した融資方法です。
事業をしている上で融資が必要になった場合は、検討してみると良いでしょう。
また、後に不動産担保ローンで融資を受けるために、事前に不動産を購入しておくことも一つの利口な方法といえます。

関連ページ

不動産担保ローンの審査基準ってどんな感じ?
不動産を担保として融資を受けるので、審査は緩めな傾向があります。借り手の返済能力よりも不動産の担保価値を再優先されます。主に不動産担保の価値、他社からの借入や返済状況、税金の未納や滞納、収入との釣り合い、勤続年数や、雇用形態と、業種など、これらが審査の基準となります。
不動産担保ローンで審査落ち|なぜ審査に落ちたのか?
審査に落ちる理由は様々です。担保とする不動産の申込み情報の内容が違ったり、債務性や属性があまり良くない場合や、不動産そのものに価値がない場合、借入金額との割合がわない場合、過去の自己情報や抵当権の問題があります。

このページの先頭へ戻る