不動産担保ローン 評判


  1. 評判の良い不動産担保ローンとは?
  2. 東京スター銀行の不動産担保ローン
  3. 評価額は高い方が良いに決まっている
  4. 必ず発生する手数料で比較
  5. 金利は低いほうが良いが審査はどう?

 

評判の良い不動産担保ローンとは?

不動産担保ローンは、現在銀行やローン会社などで取扱をしています。
普通のローンと違い、自身の不動産を担保として差し出すことで、それぞれの会社によって、借入金が変わります。
そこで、評判の良い会社を選ぶことが大切になります。

 

不動産担保ローンの場合、不動産の評価額の約7割がローンになります。
この評価額、7割という数字も会社ごとに違いますし、担保があるローンに関しては、必ず手数料がかかります。
そして、この手数料も会社によっていろいろです。

 

原則的に不動産担保ローンの場合、返済期間が長期にわたることが多いです。
中には住宅ローンと同じくらいの長さになるものもあり、そこでポイントとなるのが金利です。
一般的に無担保ローンよりは低い金利設定ですが、一概に低いと言っても、その程度にも差があります。

 

こうして不動産担保ローンの場合、キャッシングやカードローンのように、ある程度枠組みが決まっているものではなく、会社独自の内容になります。
評価額からして大差がつくこともありますが、金利の1%、2%の違いも返済総額に大きな影響を与えます。
侮れない手数料なども、返済に響きます。
返済途中、資金が確保できたことで、繰上返済をしようとしたら、高い手数料がかかったと、後にわかる大きな出費などもあります。

 

評判の良い不動産担保ローンの場合、どれを基準にして見極めるかも大きな問題です。
審査が早く融資額も大きいけれど、金利が高い、審査項目が細かくて融資に時間がかかるなど、あちら良ければこちらがダメと言うように、内容はバラバラです。
そこで、不動産担保ローンを考えるときには、必ず数社の比較をして、最初からすぐに融資ができると思わず、じっくりと検討してみることが必要です。

 

 

▲戻る

東京スター銀行の不動産担保ローン

関東地区限定になりますが、不動産担保ローンのことなら東京スター銀行がおすすめです。
評判の良いローンとして、口コミでも話題になっています。
不動産担保ローンと似ていますが。リバースモーゲージなども積極的に商品として売り込んでいて、不動産担保ローンの方も期待が持てます。

 

東京スター銀行の不動産担保ローンは、1%から9%台の低金利。
最高1億円までの借り入れが可能です。
金利は住宅ローン並の種類がありますが、いずれも余裕の低金利となっています。
最大返済期間が20年と決まっています。

 

なぜ東京スター銀行の不動産担保ローンの評判が良いか?というと、金利の低さでしょう。
限度額は1億円、これも個人対象ですから、法人で使えないのですが、まとめローンや一時的な大きなお金が必要な方にとっては、使いやすいローンと言えるでしょう。

 

東京スター銀行の成り立ちから考えると、企業などの貸出も営業不振や破産後のところも融資対象としています。
借り換え、まとめローンなどの商品も豊富で、貸出に力を入れています。

 

ただし、だからといって審査が甘い事はありません。
そこは銀行ですから、審査には時間がかかりますし、厳しい審査基準は存在しています。
そして、評価額なども独自の機関を使って行いますが、全般的に借りやすい金融機関だという評判は高いようです。

 

 

▲戻る

評価額は高い方が良いに決まっている

不動産担保ローンの場合、高く融資額の設定をしてくれて、低金利であるところが評判が良いとされています。
しかし、この高く設定という点においては、金融機関独自のデータによるもので、査定額とは別ものです。
ですから、素人や不動産会社にしても、金融機関の曖昧な基準に関しては、なんとも判断がつきにくいとされています。

 

評判が良い不動産担保ローンであったとしても、審査は比較的厳しくないけれど、評価額が低いことで、希望額の融資が出ないとなると、なんとなく腑に落ちない事は確かです。
それでも、当社の評価額の基準と言われたら、従うしかないことになります。

 

銀行や消費者金融、不動産担保ローン専門業者などいくつかの不動産担保ローン取扱金融機関がありますが、同じ不動産を担保とした場合、提示金額がそれぞれに違います。
希望額に近いところが絶対に良いかというと、そうとも言い切れない、また、担当者の態度や会社の雰囲気なども加味すると、良い評判とは何か?と思ってしまうこともあります。

 

不動産担保ローンは、評価額がどのくらい見てくれるか?一応そこは厳密に検討することが大切ですが、あの金融機関の査定は高いらしいよ、という口コミなどはあまり聞こえてこないです。
そして、大切な事は時期の関係です。
少し前なら高かったのにとか、今は氷河期ですからね、と言われたとしても、そんなことを言われた方としては、黙って頷くしかない現実もあります。

 

 

▲戻る

必ず発生する手数料で比較

不動産担保ローンを契約するときには、様々な手続きが待っています。
抵当権の問題ですが、これは司法書士が行うものですが、その他にも事務手続きは続きます。
融資額とは別に10〜20万円前後の手数料が取られ、完済した後も同じです。
案外とかかるものと言うのが感想です。
単なる事務手続きではないから仕方のないことです。
繰り上げ返済で、返済額を減少する際にも様々な手続きがあります。
その時にも手数料がかかる場合もあります。
そして、これらの手数料は、それぞれの金融機関で設定しているため金額はまちまちです。

 

不動産担保ローンをするときには、必ず数社の比較をしてみてください。
評価額はもちろんですが、手数料の比較も十分行いましょう。
数十万円という金額が何もしていないのに取られてしまうことになります。

 

比較のときに、同じくらいの評価額で金利も似ている場合、差が付くのが手数料かもしれません。
途中の繰り上げ返済、資金があるから今月は少し多めに返済などのときにも手数料が存在することもあるようです。

 

無担保ローンにはないこの手数料。
評価額の差が手数料に関係してくることも多く、検討材料としてはかなり大きな数字になりそうです。
評判の良い不動産担保ローンだとしても、この手数料をどう見るか、これも大きな問題です。

 

 

▲戻る

金利は低いほうが良いが審査はどう?

不動産担保ローンの返済は、融資額にもよりますが、多額の場合は住宅ローンと同じくらい返済額が大きくなります。
低金利と言っても、10年20年の総返済額は、融資の倍近い金額になることもよくあることです。
ですから、注目は金利になります。

 

一応不動産担保ローンで評判が良いとされるのは、金利が安いことでしょう。
最近では、億単位に近い融資の場合は、1%前後の商品や変動金利を利用したものもあります。
金利は少しでも低いほうが返済が楽になりますので、不動産担保ローンの基準金利は気になるところです。

 

そして、審査ですが、一応不動産担保ローンですから、他社借入があったとしても大丈夫なところも多く、無収入でなければ、高い収入がなくても対応してくれるところがほとんどです。
審査項目は比較的多いですが、返済ができると判断された場合は、よほどの大き融資額でなければ審査は通ります。
そして、銀行よりも消費者金融、専門業者の方がゆるくなっています。

 

ブラックの方の場合は、やはり難しいとされていますが、不動産の評価額によっては、相談に乗ってくれます。
というのも、不動産担保ローンはまとめローンとして利用する方にも対応していて、完全ブラックではなく、白に近いブラックの方の場合、不動産担保ローンで完済目的の時に、融資額の限度額を最小限にした上で、まとめローンにする場合もあります。

 

もちろん返済状況が良好と判断された場合ですが、無担保ローンと比較をしても相談の余地もあると言う金融機関もあります。
簡単に言えば、審査に甘い不動産担保ローンということになりますが、そのような対応で評判になっている会社も存在しています。

 

▲戻る


このページの先頭へ戻る