家 担保 借金

  1. 家や土地を担保にしてお金を借りるという方法
  2. 思ったよりも借りられないかも?
  3. 売却よりも不動産担保ローンがおすすめ
  4. リバースモーゲージという借金
  5. 不動産担保ローンは、返済が目的の金融商品

 

 

家や土地を担保にしてお金を借りるという方法

借金の種類の一つに、家や土地を担保にして借りる方法があります。今ではあまりしない方法ですが、カードローンなどが普及していないときには、大きなお金が必要な時は、担保がなければ借りられない時代もありました。

 

消費者金融などでお金を借りることは、成人で収入が安定していると簡単に行う事ができます。それも対面はなしで、インターネットを使えば、会話一つすることなく、お金を借りることができます。銀行カードローンも同じです。こんな状態で、家や土地の有無は関係ないのは当然のことでしょう。また、どんな不動産にしてもその価値を確認するには時間もお金もかかるのも、担保なしの貸借で普及した大きな要因です。

 

簡単にお金を借りる一方で、担保がないことで、返済不能になってしまう方も多いのが現状です。不能まで行かなくても毎月苦しい返済に悩まされている方も多いのですが、こんな時家などが担保に入っている場合は、そのまま借金返済はしなくても家はなくなることになります。以前はこのような形で、財産を失う話は多かったようです。家や土地を担保、金融機関や貸金業者にしてみれば、不良債権のリスクが少なくなるのですから、安心でしょう。

 

しかし、現在は、もし担保となるものが売却できないという事になることが考えられます。ですから簡単に担保での貸借はしないのですが、金融機関である不動産担保ローンは、土地や家を担保にするローンです。担保での借金の形を残している不動産担保ローンは、対象となる土地や家の評価額の何割かが融資限度額になります。ですから、300万円の価値があるとしても、絶対に300万円の借金はできないシステムになっています。では、200万円借りられたとすると、返済は200万円+利息になります。

 

現在も土地でお金を借りることができる。不動産をお持ちの方には安心材料の一つと言えますが、審査なども厳しいうえ、土地の条件などもありますから、関心を持たれた方は、金融機関に直接問い合わせてみてください。

 

 

 

思ったよりも借りられないかも?

不動産での借金は、不動産担保ローンとして金融機関の商品の一つとして存在しています。一般的なカードローンや消費者金融の場合、担保なしが一般的で、保証人も必要ありません。ただし、担保がない分融資限度額も低いのが特徴です。消費者金融の不動産担保ローンの場合、1億円以上の融資もあります。

 

なんでも土地や建物が担保に入るか?というと、そうではなく、評価額も関係してきます。100万円の評価額の土地や建物に対して、1,000万円の借金は絶対にできないことです。たただ、土地があることで、融資限度額の引き上げは限りないという事です。

 

カードローンなどの使い込みで、返済に苦労していたり、数社の消費者金融利用で多重債務になっている方が、まとめローンとして、不動産担保ローンを利用する場合もあります。返済能力があると判断されることが条件ですが、多重債務の場合、利息も高く、返済も大変ですが、不動産担保ローンの借り換えの形を取ることで、少なくとも利息返済分が小さくなります。それだけのメリットですが、金額が大きければ、利息分だけでも借金総額は大きく変わります。

 

そんな期待を持って、金融機関に不動産担保ローンの申し込みに行ったとしても、思ったよりも借金の額が小さいという口コミも多いのは確かです。時代もありますが、土地担保そのものの考え方が昔とは違う点と、売却が困難な土地である場合は、たくさんの借金はできないと思った方が良いでしょう。

 

それでもまとめローンで、多重債務が解消されるのであれば、一応考えた方が良い借金と言えます。多重債務で債務整理をお考えの方の場合、ここは不動産担保ローンの方が良かったと思えることが多いかもしれません。

 

 

 

売却よりも不動産担保ローンがおすすめ

借金の返済を土地や家を売却して、そのお金を充てる。多重債務などで、どうしても返済ができないときに考えることでしょう。債務整理もありますが、できればそれはしたくない、土地や家は失っても仕方ないと思うけれど、など、借金問題では、いろいろなことを思い悩むことになります。

 

土地や家がある。これだけでも、お金になるものを手にしていることを意味します。ただ、住宅ローンが完済しているかでも内容は変わります。もし、住宅ローンの真っ最中である場合は、まだ抵当権がありますから、簡単な売却はではきません。

 

しかし、どうしてもお金がほしい場合は、不動産担保ローンがあります。売却をしてお金を作るのではなく、家や土地を担保にしてお金を借ります。この時、住宅ローンの間であっても可能な場合があります。その際には、融資限度額は下がることもありますが、相談をしてみてください。

 

消費者金融などでも対応していて、こちらの方が審査が短時間でゆるいと言います。不動産売却と違い、お金を借りるだけですから、土地と家の評価額によって、貸付ができますが、こちらも評価額以上の金額は期待ができません。

 

土地や家がある方にとっては、借金の返済に困ったら、この財産があると思っている方は多いです。何千万円もしたのだから、いざとなったら売れば価値はあると思いたいところですが、現在はそれほど高い価値はないと思ってください。

 

それなら、不動産担保ローンとして、必要なお金だけを借りることができれば、その方が良いでしょう。売却の依頼をしたけれど、いつまで経っても現金化できずにイライラするのではなく、利息はかかりますが、借金の方が良いと思われます。それで多重債務がなくなるようであれば、なおメリットは大きいです。

 

 

 

リバースモーゲージという借金

都会限定の借金の形態ですが、リバースモーゲージは画期的な資金調達方法です。家や土地は持っているけれど、財産としての価値を見出すことができない。少しまとまったお金はほしいけれど、今の時代、土地は売れないし…。土地や家は売却してもなかなか売れないというのは、場所の関係もあります。しかし、売れる土地はあるのですが、不動産に詳しくなければ情報としてはわからないことです。

 

借金をしたい高齢者が対象のリバースモーゲージですが、一応家や土地は失う覚悟は必要です。不動産担保ローンとよく似た形ですが、返済が金融機関が定めた利息分だけで、借りた元金の返済を受けないことが大きなメリットです。

 

要するに、すでに金融機関に売却をしていて、利息ほ払って、その家に住むことができる。そして、死亡した場合は、そのまま金融機関の所有になるという事です。後からでも元金を、支払う事で買い戻しもできますが、原則的には、土地にかかる利息だけで、そのまま家に住めて、資金が調達できるというものです。

 

このリバースモーゲージのメリットは、今の生活ほそのまでランクアップができること。高齢者本人たちにしてみれば、自分たちの暮らしだけが良くなる、そんな願いがかなう事です。築いた財産を元手にお金を借りることができる、それがメリットとして大きいでしょう。全国的には普及していないことですが、少ない年金で暮らすのではなく、自分たちで作った財産をもとに、売却ではなく、返済のない借金の形でのリバースモーゲージの活用はおすすめです。

 

ただし、相続をする子供たちがいる場合には、了承を得てから行うこと。後から、抵当権ではなく所有権の違いがあることで大混乱の原因になってしまいます。

 

 

 

不動産担保ローンは、返済が目的の金融商品

金融商品の中に土地や家を担保にするものは、借入額も高いのが特徴です。その担保の評価額が高いほど、貸付額も上がります。反対に利息は下がって、長期返済になることから、資金調達手段としては売却よりも担保ローンの方が良いかもしれません。連帯保証人や保証人の必要もありませんし、年齢制限もありません。借金があっても、カードローンや消費者金融に借入などがあっても大丈夫なのですが、返済能力がないと契約はできません。

 

要するに、土地や家を担保にするのは、もしもの時の金品ですが、ローンですから原則的には返済を前提とした金融商品です。そして、利息がつくのですから、金融機関が儲けるための商品です。返済不能になって、担保の土地を売却したとしても、評価額以下になる場合が多いのです。

 

ですから、返済ができると保証されない限り、土地や家を担保とできるとしても、誰でもローンが組めるわけではないのです。そして、土地も簡単にすぐに売れるものではないのです。利息も低く、消費者金融やカードローンよりも融資額が多いですから、魅力なのですが、審査なども厳しいと思ってください。

 

大手消費者金融や銀行では、フリーローンなどの借入額を引き上げています。不動産担保ローン並みの低金利のものもありますが、こちらも返済能力が大きな問題です。返済できないカードローンなどのまとめローンには良いのですが、その場合、職業無職では難しいことです。

 

もし、土地や家があるのなら、売却の方法がおススメですが、こちらも評価額の問題ばかりではなく、“この土地や家を買ってください”と不動産屋に持ちかけた時、土地も安くたたかれます。これはある程度覚悟が必要です。結局投げ売り状態になってしまうのですが、1円でもお金がほしいときには仕方のないことかもしれません。

 


このページの先頭へ戻る