不動産担保ローンのメリットと金利について

住宅の評価が高ければ、不動産担保ローンの借入額は大きくなります。
場所によって、変動は大きいですが、土地や不動産をお持ちで、
資金がほしい方にとっては、一度相談をしてみると良いでしょう。

 

 

不動産担保ローンのメリット

確かにキャッシングをしたければ、カードローンなどが簡単です。
ただし、不動産担保ローンの方が、審査も甘く多額の借入が期待できます。
総量規制も対象外であり、債務者がブラックでも借りられる金融業者があります。
それも担保があることで、一定の保証があるからです。

 

まとめローンとして多重債務の解消などにも使えて、返済期間が長期になることから、返済負担も減少します。
住宅ローンの支払い中でも借入ができる場合があり、返済ができる範囲内での不動産担保ローンもできます。

 

不動産担保ローンの金利

担保があることで金融業者の返済リスクが減少します。
ですから、カードローンと比較しても低いです。
まとめローンもおすすめなのも、この点です。

 

返済は、たいてい10年〜20年という長い期間です。
それも返済リスク減少があるためで、一度契約したのなら、住宅ローンの感覚での返済ができます。
土地や建物の価値によってですが、総量規制も対象外です。

 

ただし、無収入の契約者は、金融業者での判断が分かれます。
高齢者だったり、世帯の収入等によっても変わりますが、
カードローンのように、無収入は絶対NGということないのが特徴です。
不動産担保ローンの場合、所有者と契約者が同一の必要はないのです。

 

所有者のOKがあれば、誰でも契約者になることができます。
ですから、夫の不動産を妻が契約もあり、親子でも大丈夫です。
金利が低い事から、利用価値の高いローンとしても注目されています。

 

 

ビジネスローンとしての活用

返済期間が長いことでは、会社の事業展開で、不動産担保ローンを利用する場合もあります。
銀行などでも、取引きがあることで、一定の信用があれば根抵当権として、
定期的な借入ができるよう、対応している場合も見受けられます。

 

根抵当権にすることで、いちいち手数料がかからないなどの経費削減ができます。
業者としても、定期的な利息収入が期待できます。
この場合の第2抵当権などは難しいですが、
事業の資金つくりに、不動産担保ローンは多いに活用が可能です。

 

ビジネスローンよりも低金利などが決め手になりますし、
銀行や金融業者との、太いパイプとしても取引関係の1つになります。
新規登録をするときには、取引銀行だけではなく、
インターネットで簡単に申込みができる、不動産担保ローン専門業者も多いです。
審査も早く、全国対応になっていますから、是非ご相談ください。

関連ページ

不動産担保ローンとは?その使いみちはいろいろ
不動産担保ローンで家を担保に融資が出来ます。不動産評価額によって変動し、地価が高い、不動産価値が高ければその分高い借入が可能です。ローン会社の方が審査が甘く借りれて、ビジネスローン、おまとめローンにも利用可能です。多重債務者にとってはかなりのメリットとなるでしょう。
不動産担保ローンの商品について 高齢者でも借りられる?
高齢者の年金生活に足しにしてもらうために、土地を担保にしたローン展開をしている東京スター銀行の不動産担保ローンがあります。その特徴としては、返済が利息だけというものです。不動産評価額の6〜7割が資金として手に入りますが、限度額いっぱいに借りると損をすることとなるでしょう。
不動産担保ローンのデメリットと審査
デメリットとしては、不動産評価額がつかない場合があります。その場合にはローンは成立しません。また固定資産税が未払いの場合や、最低1000万円以上の価値が無いと審査に通らないと言うことです。また長期返済で返済額が高くなることもあるのです。
カードローンとの比較
不動産を担保にすることで、カードローンよりもメリットが多いことです。カードローンよりも低金利でかつ、返済期間が長期で持てること。または審査が甘く全国対応業者も多いということで、様々なメリットがあるでしょう。または、総量規制対象外な事も大きな要因です。

このページの先頭へ戻る