不動産担保ローンとは?その使いみちはいろいろ

不動産担保ローンについては、
お手持ちの不動産を担保にして、お金を借りる有担保ローンになります。
カードローンは無担保ローンであり、内容が違います。

 

 

不動産担保ローンとは?

不動産担保ローンの場合、借入額が不動産評価額とリンクします。
ですから、その金融機関の限度額があり、実際に手にできる金額は、不動産の価値によって変動します。
地価が高い、不動産価値が高いほど、高い借入ができます。

 

住宅ローンがあっても借りられる?

これは金融機関の判断です。
抵当権を第2、第3の設定でも良いと言うのなら、
住宅の返済が終わっている範囲内での、借入の可能性があります。
一部の金融機関では、返済中の住宅の不動産担保ローンは、受け付けていない場合があります。

 

銀行より不動産担保ローン専門業者が借りやすい

銀行では、不動産担保ローンの取扱をしているところもありますが、審査が厳しいです。
住宅ローン返済中の場合は、対応していないところが多いのですが、
不動産担保ローン専門業者の方が、お金は借りやすいです。

 

ただし、金利は高めの設定です。
もともと多額の金額の借入が多い不動産担保ローンでは、返済期間は長いことが多いです。
ですから、金利が高い分返済額の負担も大きくなりがちです。
カードローンもそうですが、不動産担保ローンも必ず計画的に借りることが必要です。

 

 

まとめローンにも使える

カードローンなどの多重債務者で、
不動産担保ローンで多額の借入をして、おまとめローンにする場合があります。
金利は不動産担保ローンが低くことが多いので、返済の負担は減少します。
ただし、不動産担保ローンでは、カードローンにはない手数料が生じますから、
かかる経費も、計算する必要があるでしょう。
実際の借入額とかかる経費、金利などは総合的に考えましょう。

 

多重債務者にとっては、不動産担保ローンによるまとめローンは理想的といえます。
返済期間が長く総返済額が多くなったとしても、カードローン多重債務者などで、
債務整理をしなくてはならないと問題が直面している場合、
不動産担保ローンであれば、完済ができ、あとはゆっくり返済が可能です。

 

考えようですが、不動産担保ローンだけの返済で、
個人信用情報機関などのブラックリストを回避できるのであれば、不動産担保ローンのまとめローンは得策です。
また、ビジネスローンにも転用できる不動産担保ローンは、会社経営の運転資金にも最適です。
建物に一定の価値があれば、事業にも役立てることができるなどメリットはあります。

 

単に、高い資金がほしいだけではなく、ローン返済のため、事業のために使用可能な不動産担保ローン。
全国対応の業者も多く、インターネットで申込みも可能です。

関連ページ

不動産担保ローンの商品について 高齢者でも借りられる?
高齢者の年金生活に足しにしてもらうために、土地を担保にしたローン展開をしている東京スター銀行の不動産担保ローンがあります。その特徴としては、返済が利息だけというものです。不動産評価額の6〜7割が資金として手に入りますが、限度額いっぱいに借りると損をすることとなるでしょう。
不動産担保ローンのメリットと金利について
住宅の評価が高ければ、不動産担保ローンの借入額は大きくなります。まとめローンとして多重債務の解消などにも使えて、返済期間が長期になることから、返済負担も減少します。金利についても担保があるので、返済リスクが減少します。機関も長く10年〜20年で、総量規制も対象外です。
不動産担保ローンのデメリットと審査
デメリットとしては、不動産評価額がつかない場合があります。その場合にはローンは成立しません。また固定資産税が未払いの場合や、最低1000万円以上の価値が無いと審査に通らないと言うことです。また長期返済で返済額が高くなることもあるのです。
カードローンとの比較
不動産を担保にすることで、カードローンよりもメリットが多いことです。カードローンよりも低金利でかつ、返済期間が長期で持てること。または審査が甘く全国対応業者も多いということで、様々なメリットがあるでしょう。または、総量規制対象外な事も大きな要因です。

このページの先頭へ戻る