事業資金 調達法


資金調達のプロ

経営者、法人様向けに「ファクタリング」という方法で資金を提供するサービスです。
事業資金を手に入れる為、融資や借入のような「お金を借りる」ということと非常に似ているのですが、
ファクタリングの場合は「売掛金を買い取ってもらう」という内容です。
つまり「ローン・貸金」ではなく、「売掛金の売買」となります。

 

  1. 資金調達なら不動産担保ローンor売却
  2. 総合マネージメントサービスに相談
  3. エムアールエフに相談
  4. 売掛金があるならファクタリングで資金調達
  5. どこからも融資が出来ないなら、早めに整理

資金調達なら不動産担保ローンor売却

中小企業の資金調達方法の一つに不動産担保ローンがあります。

 

運営資金不足では会社もいつ倒産するのか先行きの見えない戦いが続いてしまう事だと思いますが
一般の個人のようにお金を借りるのとは全然意味が違っており

 

会社の存続に関わる大事な資金調達という事になります。

 

そんな中いかにつなぎ融資が出来るか資金不足を賄えるかによって
会社の今後も左右される事になります。

 

そこで資金調達方法の不動産担保融資をお願いする事になるのですが
不動産担保融資が受けられれば大口融資が期待出来るという事になります。

 

通常の融資に比べると審査に通りやすいともあって審査ハードルが低くなる分
安定した資金調達を確保しやすくなる事だと思います。

 

貸し倒れのリスクが不動産担保によって減る分
リスク回避の高金利から低金利へと変わり低金利による融資が長期的に利用出来るメリットがあると言って良いのでしょう。

 

今の時代は道半ばではありますがアベノミクス効果の影響もあって
景気回復の兆しが段々見られるようになっている事により融資の審査は比較的緩くなっており
高額の融資も行われて波に乗っている状態でもあるようです。

 

経済が良くなる事で地価が上がったり不動産価格が上がり
不動産融資の担保の価値が増えているという事になります。

 

これにより不動産担保融資によって高額の融資が可能となり中小企業の資金調達方法には欠かせないものとなっていたりするようでした。

▲ページトップに戻る

総合マネージメントサービスに相談

個人事業又は法人の方が設備投資
事業拡大などをお考えで多額の資金が必要となっている方々は総合マネージメントサービスへ相談してみると良いと思います。

 

事業資金だけでなく起業資金にも対応してくれるとの事です。

 

事業を創めるに当たっての店舗、工場
事務所の確保
機械やその他設備の取得
倉庫の増改築。

 

事業の資金調達で困ったらぜひとも頼りにしたい総合マネージメントサービス。

 

起業予定だが自己資金では足りない
想定外の費用がかかってしまったり事業が安定するまでの運転資金確保などの資金調達に不動産担保融資がおすすめとなっているみたいです。

 

新しい起業を創めたいからと職をやめている
無職の方であっても価値が高い不動産を所有しており尚も事業計画が立てられている方であれば融資が可能との事でした。

 

又は中小企業の方だったりすれば取引先からの支払いの遅延
予定していなかった投資が要された時などなど急な出費があって突然の運転資金を確保する場合もあるかと思われます。

 

急いだ結果高金利の消費者金融などからカードローンキャッシングを行ってしまった
などとなる前に低金利の不動産担保ローンをご検討したい所だったりします。

 

不動産を取り扱ったローンサービスとして
通常の不動産担保ローン、売却前提の不動産つなぎローンなどがありました。

 

不動産担保ローンは所有の不動産を担保に設定する事で事業資金のご融資が受けられるものとなりますが
不動産の評価額に応じ5億円までの高額融資に対応していたりします。

 

不動産担保ローンでは大変低金利で返済期間も35年と長期において設定が可能となりますので
結果的に事業計画に合わせた借入が出来又返済計画も立てやすいとされています。

 

売却前提の不動産つなぎローンに関しては
既にお持ちである不要な工場や売却予定の事務所などを売却前提として資金作りするローンサービスとなります。

 

まとまった資金を確保されたい方だったり売却したい不動産があって移転を考えている方などにおすすめとなっておりました。

 

希望する融資内容によっては事業計画の用意をする必要性もあるとの事ですが
不動産担保ローンは主に不動産の価値によって審査が行われる仕組みとなっています。

 

その為一般事業者ローンに比べて短期間でご融資が受けられるというものでした。

 

是非資金調達の際は中小企業の方々であったり事業者の方々からも資金調達方法で人気とされている
不動産担保ローンなど大口融資に特化されたローンを取り扱われている総合マネージメントサービスをご利用・ご相談されてみる事をおすすめ致します。

 

 

▲ページトップに戻る

エムアールエフに相談

個人事業、法人向けローンの事でお悩みの方であれば
エムアールエフへご相談しましょう。

 

事業の成果が思うように下がり調子の業績の方であったり赤字決算の方であっても
エムアールエフであればご融資可能の場合もあるそうでした。

 

中でも一番のおすすめ融資プランに長期間元金据置プランというものがあります。

 

これは契約年率が4.00%〜9.90%
ご融資額は最大3億円まで融資可能。

 

そのほかにも短期資金用ブリッジプラン、長期資金用にオーダーメイドプランというものがありました。

 

エムアールエムでは西日本エリアの実績が多く
融資残高208億円の実績を誇っております。

 

あらゆるビジネス業にスピーディーに対応して力となってくれるという事が立証されておりました。

 

エムアールエフは来店不要
電話、訪問、郵送、FAXなどの手段で契約手続きが完了するようになっております。

 

又融資までの時間の早さに自信があるようで
スピード重視で24時間以内に仮審査に対応してくれるそうです。

 

エムアールエフでは複数の借入返済を一本化する最長20年設定可能のおまとめにも対応しており
月々の返済額減額を希望する事も可能のようでした。

 

景気が悪い調子が続いており赤字決算になっているような中小の会社のつなぎ資金としても
事業状況や事業計画などを基にご融資プランの提供をご提案頂けるとの事でした。

 

事業運営には絶対欠かせない資金調達
個人の方も法人の方にも最適な融資プランをエムアールエフならば提供してくれる事間違いないでしょう。

 

 

▲ページトップに戻る

売掛金があるならファクタリングで資金調達

中小企業の方にとっておきの資金調達方法があるとすれば
何よりファクタリングだと思います。

 

つなぎ融資として利用出来ますし、銀行融資が受けられないような場合でも大丈夫
即1,000万円確保という事も可能だったりします。

 

もし売掛金を今現在お持ちであれば
その売掛金を売却すれば今すぐ資金調達する事が可能となります。

 

安定的な売掛金であれば無料診断の後資金調達専門の方がご本人に一番おすすめ出来るファクタリング会社を紹介してくれるようでした。

 

ご自身の企業が保有されている売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらう事により
最短即日入金をお約束してくれるみたいです。

 

今現在まだ振り込まれていない売り上げ金を先に資金化する方法となります。

 

企業の売掛金を資金化するという意味では実質金融機関などからお金を借りないで行える資金調達方法となります。

 

ファクタリングを利用すれば支払い遅延などでまだ入ってきていない分を先に資金化してすぐに資金を得る事が可能です。

 

ファクタリングのメリットをまとめますと
最短即日融資が可能。

 

そして100万円〜3億円まで対応。

 

金融機関からつなぎ融資をするのとは違って借金にならないお金の資金化が即出来る。

 

信用情報への影響がない。

 

売掛金を所有していればすぐに資金化が出来る利便性などなどあります。

 

売掛金で資金調達が出来
更に銀行の融資履歴に記録されないので決算書又は信用情報の心配が要らない。

 

融資じゃないので負債にならない点は非常にメリットがあると言えますね。

 

大まかに言えば売掛金を売買するだけなので今後においても金融機関などの審査に影響する事もなく
キャッシングフローの改善が可能となり今まで出来なかった銀行融資などの再開が見込めるという事となる事だと思います。

 

融資を断られているような中小企業の会社でも毎月ファクタリングを利用すれば資金調達がすぐに可能となるでしょう。

 

つなぎ融資が不足している又は金融機関からの融資やノンバンクで融資が受けられなかった会社であっても
ファクタリングなら赤字を増やす事なく(借金にならない)
資金調達がすぐに行える方法となっておりました。

▲ページトップに戻る

どこからも融資が出来ないなら、早めに整理

色々と頑張ってはみたものの
いよいよ資金が底をついてきており
尚も融資が受けられないような場合

 

もしかしたら債務整理を検討するべきなのかもしれません。

 

街金法律事務所の匿名で無料診断ツールを使えば
お気軽に相談シミュレーターで本人に最適な相談所を見つける事が出来るようになっておりました。

 

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産、特定調停といった手段が選択出来るようになっており
処置が軽い順に挙げますと任意整理、特定調停、個人再生、自己破産といった感じとなっております。

 

もしも事業で失敗したり会社が倒産寸前というような場合は自己破産や個人再生をご検討されるべきなのかもしれません。

 

又完済出来そうで返済の余地があるのでしたら任意整理などで和解へ持ち込む方法も取れる事かと思いますが
今後の事を思えば一旦リセットして楽になる方法を取った方が人生を一日も早くやり直したい方にとってはベストな選択となるでしょう。

 

個人であれ法人であれ赤字続きだったり先の見通しがつかないような状態なのであれば
今の状態をずっと続けていくのは決して良いものだとは思えません。

 

債務整理を直ちに検討し今後の生活や人生計画の見直し、改善などを計っていきたいものだと考えられます。

 

早くから事業を創められた方の中にはうまくいかない事も多々あるでしょうし
何かとビジネスで転んでしまわれた方も少なくない事だと思います。

 

一度や二度と失敗を根に持っていても仕方がありません
ここは潔く手を引いて新しい事業再開の為にも一旦債務整理で今の状況を改善されてみて下さい。

 

もはやもう人生ダメだと思っている
そんな人へ債務整理を何よりおすすめ致します。


このページの先頭へ戻る