リースバック

  1. 不動産担保ローンよりリースバック
  2. リースバックで借金完済!
  3. 不動産会社が行うリースバック
  4. リースバックと債務整理
  5. リースバック買い手のその後

不動産担保ローンよりリースバック

金融機関に不動産担保ローンを申し込みに行く方、資金調達のため不動産売却をお考えの中で、返済に不安がある方にリースバックの利用をオススメします。
ローンの返済、返済はできないから売却をしなければという場合、リースバックなら負担が小さく資金調達ができる可能性があります。

 

リースバックは、金融機関ではなく不動産会社に相談に行くことになります。
その仕組みは、不動産担保ローンと似ていますが、大きく違うのは返済が小さいことにあります。
不動産担保ローンは、不動産を担保としてお金を借ります。
リースバックは、お金を借りるのではなく、一度不動産を売却する形になります。
売却した後似、その家に住むための賃貸契約を不動産会社と結びます。
そして、不動産会社には家賃を支払う形で、そのまま家に住み続け、お金をかけるのではなく受け取れることになります。
家の所有権は不動産会社に移りますが、住み続けることができるメリットは大きいです。

 

不動産担保ローンも借入はできますが、返済ができなければ、家は没収されてしまいます。
リースバックの場合、最初から家は自分のものではなく、賃貸している身ですから、これから失うものはありません。
また、資金が調達することができれば、再び不動産会社からの買い戻しもできます。
どちらも不動産を利用した資金調達の方法で、不動産担保ローンは担保物件として差し出し返済、リースバックは所有権を移した上での賃貸契約で、返済義務はなしになります。

 

返済の必要性がないリースバックで資金調達と言うのは、画期的な方法だと思われます。

 

 

▲メニューに戻る

リースバックで借金完済!

持ち家があり借金返済で困っている方の中には、いよいよマイホームを売却しなくてはならないと思っている方も多いでしょう。
そのまま住んでいたら、借金のかたに家が取られ、競売物件となってしまいます。
しかし、借金返済で困っている方で、家がある方は、その家を利用することができます。
それは任意売却です。

 

あまり聞き慣れない言葉ですが、不動産会社や任意売却専門業者で取り扱うことですが、リースバック方式を取ることで、その家に住み続けることができるかもしれません。
ただ、家の所有ではなく、住み続けると言っても賃貸契約で、自分は借り主になります。

 

Aさんは、多重債務者で借金返済に困っていました。
債務整理をしようと調べていたところ、不動産がある方は任意売却で借金ゼロと言う宣伝文句とリースバックの言葉が気になり調べて、任意売却専門業者に相談に行きました。
Aさんは、結局リースバック方式を利用して、家を手放すことなく、借金完済をしました。

 

任意売却専門業者では、その家の売却先を探します。
その売却価格が、Aさんの借金完済ができる金額に設定しました。
そこで、うまく売却ができ、Aさんは借金返済ができたのです。
そして、家に住み続けることができるのは、売却先の方が賃貸契約を結ぶことでAさんにそのままの生活を持続できるようにしたからです。

 

もちろんここまでを任意売却専門業者では手配を行ってくれ、それが目的の任意売却です。
市場価格での売却ですから、任意売却専門業者では、最初から借金返済の額に近づけるよう設定するのですが、これは不動産の評価額にもより絶対の保証はありません。

 

完済に至らないまででも、少しでも借金を減らす方法として、リースバック方式はシャツ金に苦しむ方に朗報です。

 

 

▲メニューに戻る

不動産会社が行うリースバック

現在大手不動産会社では、リースバックに対応した不動産売買も行っています。
資金調達の一つとして、不動産でお金を合理的に調達できるとあって、注目されています。
リースバックとよく似た金融機関の商品で、不動産担保ローンがありますが、決定的な違いは、所有権です。
リースバックは売却をしてしまうのですが、ローンは単なる担保です。
ですから、リースバックには返済義務がゼロです。

 

多重債務者や事業の資金調達のために不動産担保ローンをしたとしても、結局はすべて返済をしなくてはならないことになります。
リースバックは資金を手にしてそれは返済をすることは必要ないのです。
そこが大きな違いです。

 

売却をしてしまった不動産、そこにまだ住んでいたいというのなら、新しい所有者の同意の元、新たに賃貸契約を結ぶことで、そのまま住んでいることが可能になります。
要するに、リースバックとは、売買後の賃貸契約で、所有権が変わることを意味します。
売買契約によって資金が入る、ローンとは違い返済がないことで資金調達が楽にできます。

 

不動産会社などでは、最初から住み続けることを前提のリースバックの取扱をしている場合が多いです。
これは、売却先を投資家や今住まなくても良い方にするのです。
ある程度の資金で買い取ってもらい、その後はすぐに家賃収入が入る。
普通の不動産売買にはない魅力がリースバックにあるのです。
また、不動産会社がそのまま買い取る場合もあります。

 

 

▲メニューに戻る

リースバックと債務整理

リースバックは、債務整理の一つとして考えられています。
債務整理とは、借金返済ができない方の制度で、その方の経済状態に合わせた借金の減額を目的としたものです。
幾つか種類がありますが、リースバックと言うよりは任意売却の言葉で、持ち家などの不動産がある方向けの資金調達方法です。

 

借金返済が滞ると債権者は最終手段として、不動産の競売に出ます。
それが債権者にとっての最後の資金源ですが、競売物件は市場評価額を遥かに低いものです。
そうなる前に、任意売却を申し出ることで、競売価格以上での売却が可能になります。
場合によっては、借金返済ができてしまうことで、債務整理の必要もなくなることもあります。
自宅を売却、その利益で借金返済までが任意売却です。

 

そして、その家は手放すことになります。
では、どこに住めば良い?となりますが、もし売却駅が残っていれば、どこかに引っ越しも良いのですが、不動産会社との話し合いが今までの家を新しい持ち主と賃貸契約を結ぶ。
これがリースバックです。
ですから、売却はしたけれど、そのままそこに住んでいることができるのです。
ご近所付き合いもそのまま、生活は何も変わりまぜん。
ただ、毎月の家賃だけをきちんと支払うことだけです。

 

債務整理の方法としては、持ち家がある方限定ですが、理想的な形と言えるでしょう。
住宅ローンなどが残っている場合でも、売却益での返済も可能です。
もし、債務整理で悩んでいる方、持ち家がある場合は、任意売却専門業者かリースバックを行っている不動産会社にご相談ください。

 

 

▲メニューに戻る

リースバック買い手のその後

リースバックは、家を手放した方がそのまま賃貸契約によって、住み続けることを言います。
借金返済のためなどに使われる方法ですが、このリースバックは不動産投資の一つの形ともなっています。
借金返済で困った、家を任意売却しようと言っても、そう簡単に買い手がつくものではありません。
人気のある土地であったり、たまたま不動産会社などで買い手がつくといっても、うまくいきません。

 

リースバックは、買い手を探すと言っても、そのまま買い手がその家に住まわれては困るのです。
あくまでも買うだけで、その後はそこの大家さんになってもらう、これが目的になります。
そこで投資になるのです。

 

1000万円のリースバック物件。
売り手を住まわせる条件で、家賃を10万円だとすると、年に120万円の収入です。
10年間住んでくれたら、元金は取り戻せるのです。
手数料や税金がありますから、この限りではないのですが、不動産投資としては、まずまずの内容です。

 

そして、任意売却などで家を手放しリースバックをした方のほとんどは、その家に愛着があり、ほとんどの場合、住み続ける方が多いです。
ということは安定した投資ができるのです。

 

リースバックによる賃貸契約では、家賃滞納には大きなペナルティがあります。
2ヶ月滞納では退去ですし、リースバック契約の時に定職や一定収入が見込めないときには、契約そのものができないなどの決まりがあります。
というのも、上記のような投資目的であることが大きな要因だからです。

 

 

 

▲メニューに戻る


このページの先頭へ戻る