ハウスドゥのリースバック

  1. ハウスドゥのリースバックとは?
  2. リースバックで資金調達 目的は問われない
  3. ハウスドゥのリースバックで債務整理を回避できた
  4. 財産を現金化 ハウスドゥのリースバック
  5. 高齢者のためのリースバック

 

 

ハウスドゥのリースバックとは?

ハウスドゥ・リースバックを実施しています。

 

ハウスドゥは、東証一部上場企業の不動産会社です。不動産売買を中心に営業展開をしていますが、その一つの事業がリースバックです。

 

賃貸の一種ですが、アパートやマンションではなく、その対象が自宅です。自宅をハウスドゥに売却し、そのままその家に住むため、ハウスドゥに賃貸料を払うことで、所有者がハウスドゥになる仕組みです。

 

リースバックのメリットとしては、売却した時点で資金が調達できることです。もちろん住宅ローン途中の不動産でもOKで、ハウスドゥに売却をすることで住宅ローン完済、その後賃貸料を払ってそのまま住み続けることができます。どうしても資金調達が難しい、なんとか自宅を利用してお金を借りられないか?という場合、銀行などでの不動産担保ローンの方法もありますが、それでは返済の負担が大きいです。

 

リースバックは、とりあえず売却が前提になります。ですから、その時点で借金ゼロでの自宅の評価額に合う現金を手にした上、その家に住む事ができるのです。住宅ローン債務者で、借金返済などで返済が困っている方、債務整理をお考えの方などにもオススメの方法です。借金なしの資金調達手段の一つとしてご利用できます。どんなことでもまずはハウスドゥにご相談ください。

 

 

 

リースバックで資金調達 目的は問われない

ハウスドゥのリースバックをご利用になる目的はいろいろです。お住いになっている自宅をハウスドゥの売却。その時点でまとまった資金が調達できます。

 

その資金の用途は自由であり、住宅ローンの残債返済、教育資金、老人施設入居のための一時金に活用できます。

 

借金ではない点では、返済をしなくても良いのがメリットで、売却後も住むことができる点でも、生活そのものは変わりません。賃貸契約で賃料を払う義務はありますが、例えば住宅ローンのような負担はなく、賃貸契約時に、負担のない金額設定をします。

 

売却価格に関しては、不動産会社であるハウスドゥの評価額が基準になります。当然新しい、大きい、キレイであれば価格は高くなりますが、古い場合でもそれなりの評価額が付きます。そして、賃貸契約ですが、それも相場に合うものになりますので、極端に高い賃料であることはありません。売却に対しても、住むことが前提になりますから、決して出て行かなくても良いのです。

 

また、資金調達後、契約によっては買い戻すこともできます。条件にもよりますが、今だけ資金がほしいなんていう方にもオススメです。借金ではないですから、買い戻しを返済と考えなくても良いのです。

 

 

 

ハウスドゥのリースバックで債務整理を回避できた

リースバックだけに注目をすると、借金の債務整理の一つとして挙げられることがあります。これは、住宅ローン返済が困難になった方が、自己破産などで競売にかけられる前に、任意売却をして、リースバックでこの家に住み続けることを言います。

 

ハウスドゥのリースバックは、そのような方に特化したものではなく、とにかくまとまった資金がほしい方にオススメする方法です。もちろん借金返済、住宅ローン返済のためでも良いのですが、それだけではなく、とにかく資金を作りたい方に有効な手段として、ハウスドゥがリースバックを提案しているのです。

 

実際に、借金返済で困っている方が、ハウスドゥのリースバックによって、債務整理をしなくて済んだという方もいます。
この場合、家の所有権は失いますが、そのまま住んでいられる安心感は大きいです。債務整理になると、その後のクレジットの利用などができなくなったり、不都合なことが多くなってしまいます。その前にハウスドゥのリースバックを利用することで、そのような事態を回避することができるのです。

 

借金返済のためのリースバック。案外と、この方法は画期的であり、新たな借金を作らずに済むので、自分の不動産を最大限に利用できることなのです。自宅を持つ方で、債務整理をしなくてはならない方、ハウスドゥに相談を。

 

 

 

財産を現金化 ハウスドゥのリースバック

自分の家は財産になります。それなりの価値があるのですが、現金化することで夢が実現することもあります。長い人生において、お金で苦労してしまう方も多いです。

 

家も長年の住宅ローンを組んでやっとの思いで入手したものの、返済がとても大変だという方も少なくありません。その住宅ローン最中の家も現金化できるとしたらどうでしょう?

 

住宅ローンの限らず、大きな額のお金がほしい場合もありますが、借金はしたくない、ひとによってはできない場合もあります。そんなときには、ハウスドゥのリースバックをご利用ください。

 

リースバックとは家を売却して、一時金として売却した金額を受け取ることができます。そして、売却後はそのまま住むことができ、ハウスドゥと賃貸契約を結びます。定期的な契約で、ずっと住んでいても良いですし、途中で本の場所にうつる、将来的にその家を買い戻すこともできます。

 

ですから、いろいろな考え方はありますが、ハウスドゥのリースバックで一時的にハウスドゥに買ってもらって、資金を調達、そして将来はお金をためて買い戻して、再び自分の家とすることもできます。家を現金化と言うのは、ピンとこないかもしれませんが、ハウスドゥのリースバックは、一時的な資金調達のため、必要とするお金を借金ではなく、売却金として提供できます。

 

 

 

高齢者のためのリースバック

例えば、大きな家に高齢者が1人で住んでいたとします。足腰が悪くなり、一人では住めないとなったとき、老人施設への入居を考えますが、実はお金がないという場合、ハウスドゥのリースバックはお手伝いできることがあるかもしれません。高齢者にとっては、これから借金を作ることはまず不可能です。

 

しかし、生きていくためには、この大きな家では生きていけない、老人施設に入りたいけれど、お金がない場合、その家を売却しましょう。それも普通の不動産売買ではなく、ハウスドゥのリースバックの形を取るのです。

 

本来は、リースバック後はそのまま賃貸で住む方法ですが、そのまま居住しない条件でもOKです。もし後継者がいない場合は、そのままハウスドゥが引き取ることもできますが、とりあえず、リースバックをしている間は、賃料だけを支払うことで、心置きなく老人施設に入ることができます。

 

もし後継者がいたとしても、大きな家に高齢者が1人ですまなくてはならない状態は避けたいですが、これならお金の心配もなく安心です。メンテナンスもハウスドゥが行い、固定資産税などの支払いもありません。独居老人にとっても、ハウスドゥのリースバックの方式はメリットが多い、そんな口コミも増えています。

 

関連ページ

リースバック契約
リースバックについてお調べですか?当記事では、リースバック契約の解説をしています。マイホームを任意売却で手放した後に、不動産会社が売買と賃貸まで仲介をすることによって、今まで通り住み続ける事が可能になる契約のことです。ぜひ、詳細をご覧ください。
リースバックとは
リースバックについて情報をお探しですか?当記事では、リースバックについて解説しています。不動産を不動産会社などに売却して、その不動産と改めて賃貸契約を結ぶことを言います。任意売却先の同意も得て、賃貸契約でかつてのマイホームに住めるのです。ぜひ、詳細をご覧ください。
リースバック契約とは?
リースバックについて情報をお探しですか?当記事では、リースバック契約について解説しています。マイホームを住宅ローンが払えなくても手放したくない方に最適な方法となり、家の売却を行い代金を得た上で、購入者と賃貸契約を結ぶのです。ぜひ、詳細をご覧ください。
リースバック方式システムについて
リースバックについてお調べですか?当記事では、リースバック方式システムについて解説しています。リースバックは、住宅ローンの返済が無理な方にお勧めの不動産投資の一つの手段です。債権者との新たな賃貸契約を結びその家に住むことが可能となります。ぜひ、詳細をご覧ください。

このページの先頭へ戻る