マンション担保 福岡

  1. 西日本シティ銀行のマンション担保ローン
  2. 最低9%代の不動産担保ローンの株式会社山一興商
  3. 頼りなるMFR 他がダメでもここなら…
  4. 福岡の審査は甘い?マンション担保で借入できる業者
  5. 高齢者でも借りられる?福岡の不動産担保ローン

 

 

西日本シティ銀行のマンション担保ローン

福岡の金融機関などでもマンション担保での借入ができる金融機関が揃っています。西日本シティ銀行では、NCB不動産担保ローンとして、個人向けの商品があります。融資額は最大1億円で、返済期間は35年のワイドなものです。借入条件として、団体信用生命保険に入らなければならないのですが、保険料は銀行持ちは魅力です。

 

申し込み年齢が20歳以上70歳以下の方で完済が81歳以下になることが必要です。年収は、給与所得者で勤続1年以上、年収200万円です。会社としては、勤続2年以上、年収200万円以上で、2期連続の黒字、繰越損失なし、債務超過ではないことが条件です。個人事業主は、営業2年以上、直近の平均年収が200万円、税金滞納や延滞がない方です。

 

審査としては、200万円というのが基本となっています。
一応返済見込みを見ての数字ですが、借りやすいとも言えるでしょう。
ただ、保証会社の保証と団体信用生命保険に入れることが条件としては大きいかもしれません。
個人的な借金が他にある債務者などの場合は、審査が難しいこともあります。
基本的に福岡県内にお住いの方、お勤めの方が基本です。

 

この不動産担保ローンはあくまでも、個人向けであり、事業制資金の借り換え資金などには対応できないことになっています。
担保となる物件の抵当権は、第1位になることが条件ですから、ローン返済中の物件に関しては、契約ができないものと考えたほうが良いでしょう。

 

 

 

最低9%代の不動産担保ローンの株式会社山一興商

福岡に拠点を置く株式会社山一興商は手広い事業展開をしています。
事業内容は多岐にわたり、不動産業はもちろんですが、経営コンサルティング、自動車販売なども行っています。マンション担保ローンも不動産担保ローンとして取り扱っています。

 

融資額は最高3000万円です。
銀行と比較してほしいのが、金利の高さですが、最低9%と高めです。
現在、マンション担保の銀行ローンは高くても3%台ですから、その差は大きいかもしれません。

 

ただ、株式会社山一興商の審査条件ですが、詳細な内容はないですが、銀行よりも甘いです。
物件によって、融資額は変わり、具体的な条件もありませんが、審査の点で言うと、銀行でダメだった方が、ここでマンション担保ローンの契約ができたとの口コミもあります。これは、一般的に銀行はキツイと言われているものですから、一般企業でのマンション担保ローンの方が借入はしやすいのが現状です。

 

金利の高さから言うと、返済に関しては慎重な計画の上、問い合わせることをオススメします。
簡単に返事をしたあとで、しまったと思うような返済では、取り返しのつかないこともあります。
ちなみに、この9%の金利ですが。無担保ローンと比較をすると、ずっと安いです。
もし、無担保ローンとの比較でしたら、マンション担保ローンの方が返済は楽になります。

 

 

 

頼りなるMFR 他がダメでもここなら…

福岡地域のCMでもおなじみのMFR。
不動産担保ローン会社として、注目されています。

 

最低金利が4%という銀行並の低金利の上、融資額は3億円以上。
事業向けのローンとしての使途もOKなのも安心です。
どうしても個人向けと限定されると、融資条件も厳しくなってきます。

 

MFRの強みは審査が早いことです。
一部の地域限定の営業ですが、仮審査だけですと、すぐに対応できるフットワークの軽さが違います。20年以上の返済にも対応していますから、計画的な返済もできます。
実質15%になってしまうマンション担保ローンになりますが、即金が欲しい方などはMFRはおすすめです。

 

マンション担保ローンでまとめローンをしたい方、多重債務者の方にも借入ができる可能性があります。
借り換えローンとしての提案の用意もあります。
また、納税していない差し押さえ物件に関しても相談に乗ってくれます。
営業日に担当と面談できることが条件になりますが、これは心強いことです。

 

良心的で評判のMFR。
金融機関の審査でダメだった方、現在借金を抱えている方も資金繰り相談としても頼りになる会社です。
様々な資金需要者に対して、話しだけでもきちんと聞いてくれる優良企業としての口コミも多いです。

 

 

 

福岡の審査は甘い?マンション担保で借入できる業者

福岡での不動産担保ローン会社は、事業者向けの会社が揃っています。
もちろん個人向けのマンション担保ローンなども対応しています。

 

使いみちが自由という点では、銀行の厳しい審査以外にも自由さがあります。
例えば教育ローンや生活資金に少しだけ借りたい、なかなか借入ができない年金生活者や高齢者にとっても、マンション担保ローンなら、年齢制限もないです。銀行は、70歳以下が一応のラインになっていますから、それ以上の方は、業者でのマンション担保ローンがオススメです。

 

たいていの不動産担保ローンの場合、団体信用生命保険や保証会社の保証が大切になります。
健康で、一応保証ができる方なら、様々な条件のマンションでも担保にできます。
例えば、相続税の支払い、競売物件の取り下げのための資金などにも対応できるところも少くなくありません。

 

いわゆるこれが審査に甘いということですが、金利に関しても極端に高いものではなく、良心的な会社は福岡には多いといえます。
中には連帯保証人が必要とされるところもありますが、どんな事情でも資金が欲しい方は、まず相談をしてみることです。
窓口としては、広いところが多く、ホームページ上では、余程のことがない限り断られる要因はないと思われます。

 

 

 

高齢者でも借りられる?福岡の不動産担保ローン

担保ローンの特徴として、比較的高齢でも対応ができる業者があるところです。銀行の担保ローンでは、70歳以上の借入はなかなか難しいですが、福岡の不動産担保ローン業者などでは、健康であればOKというところも少なくありません。

 

不動産担保ローンと似たリバースモーゲージなどとは違い、高齢でもローンができると言うのは、少ない年金生活者にはありがたい存在です。
リバースモーゲージよりも負担は大きいものの、それを承知での契約ですと、加須にも迷惑がかかりません。

 

実際の融資額は、不動産評価額にもよりますが、最初からダメと諦めるのではなく問い合わせだけでもしてみることです。
銀行などでは年収◯円とはっきりありますが、業者などはその明記がないのも審査の甘さを感じます。

 

抵当権についても、第二の範囲内の融資が受けられ、住宅ローン最中のマンション担保ローンにも対応が可能です。
どうしても資金がほしいけれど、無担保ローンなどの金利の高さは困ってしまうという方には、マンションを担保にしてのローンがおすすめです。福岡県内だけではなく、近隣に営業所があるところも多く、全国対応の業者もありますから、遠い不動産などの問い合わせも考えてみてください。

 

関連ページ

不動産担保ローン メリット デメリット
無担保のローンに比べると融資額が大変大きい事は、利用上の最大のメリットです。ですが、審査があり、必ず融資が受けられるわけではありません。即日融資は不可能です。デメリットについては、初期費用が高いことと、支払能力が無い場合に担保としている物件が即競売に掛けられてしまうことです。
不動産担保ローン利用者からのアドバイス
契約上一度でも返済を怠れば不動産を取られてしまう事実があります。一般消費者金融と比較すると担保を設定している分、金利は低い傾向です。手続費用や初期費用が掛かるため、最初からある程度の資金を用意して、不動産担保ローンの融資に臨むと良いでしょう。
マンションを担保にしてお金を借りるリスク
リスクとしては、返済できない場合に家を競売に出されてしまう。担保にしていた家がローン金額より下回っている場合に、重たい借金となる。支払いが出来ず信用性を失うとブラックになるなど、の問題があります。慎重に判断をして、担保ローンを借りるようにしましょう。
早く借りれる不動産担保ローンはドコ?
早く借りれて対応の良い不動産担保ローンの融資先と言えば、特にスルガ銀行が審査も緩くていいとの事です。その分金利は高めとなり、融資が難しい物件では売ることも難しいとのことです。利用するメリットはありますが、いつ家が無くなるか分からない点でも、リスクを考えて利用しましょう。
スター不動産担保ローン
スター不動産担保ローンは実質年率及び金利が3.2%〜7.2%で、融資額としては、100万〜最大1億円とその額の大きさがあります。大手の会社であり、はじめての方でも比較的安心してご利用できる点が良いでしょう。査定によっては融資額が大きくなるので、通常のキャッシングとは違うのです。
マンション 担保 借入
不動産担保ローンは大きなお金が必要な時に便利です。特にマンションを担保とした場合には、その分金利が低くなったり、審査も甘くなるのです。自身のマンションの価格をきちんと把握しておくことで、査定に有利に臨めるのです。融資額も関わってくる重要な部分でもあります。
マンション担保に借金
全ての借金をマンションを担保とする不動産担保ローンにすることで、返済額が減少する可能性があります。多額であるほど低金利になるのです。まとめローンとしての活用で、返済日も金利も一つで管理できるため、短期間の返済も見込めるようになり、負担が減少する可能性があるのです。
マンションの担保価値
不動産の担保価値によって、融資可能かどうかを判断するのですが、融資可能額は担保価値の約7割と言われています。住宅ローン中であればもっと下がります。また古いと更に下がることもあるのです。一般的には担保価値と地価によって、金融業者の態度や評価も変わるのです。
ローン中のマンション担保でお金借りる
ローン中のマンションの担保は不可能なことではありません。不動産担保ローンとして、対応する金融機関もあります。第1抵当権の余力があれば、第2抵当権としての借入が可能になります。ですから、マンション購入すぐの借入は難しいですが、ある程度の返済があれば、余力分の借入の相談ができます。
マンションを担保に融資
マンションを担保にし融資を受ける不動産担保ローンでは、住宅ローンとは貸付の目的が違い、不動産投資に対し特化したローンです。担保物件への事業の状態を審査した上で、事業の採算性や可能性が重視され審査の対象となり、返済を含めた事業の計画性が見込まれれば融資となります。
マンション担保 ローン
マンション担保ローンは不動産担保ローンとしての利用が可能です。対応しても限度額の引き下げ等も容赦なく行われる可能性があります。低金利の融資額は土地や物件は勿論ですが、収入が低いと落とされるので注意しましょう。最終的な返済額など確認した上で、契約に踏み切りましょう。

このページの先頭へ戻る