不動産担保ローンの審査に通らなかった原因

  1. ブラックはダメかも?
  2. 年収が低いのと会社歴が浅いのも審査落ちの原因かも?
  3. 固定資産税が未納だと借りられない
  4. 住宅ローン中の不動産担保ローンは難しいこともある
  5. 保証会社の保証も大きなネック

 

ブラックはダメかも?

不動産担保ローンは、専門業者も多いですが、銀行でも取り扱っています。
担保がある融資の場合、比較的審査も通りやすいとされていますが、それでもなぜ落ちる?ということも多いです。
専門業者よりも銀行の方が審査は厳しいとされていますが、その原因は多種多様です。

 

不動産担保ローンを使って、多重債務を解消したい方も少なくありません。
金利が安く、1つの借金にまとめられる借り換えに利用するのは、返済額の減少にもつながります。
しかし、この時に注意したいのが、信用情報の内容です。
いわゆる現在ブラックリストに入っている方については、審査は難しいです。

 

多重債務は返済が大変ですが、既に滞納や遅滞を経験された方の場合、不動産担保ローンの審査が通らないことがあります。
また、多重債務も3社以上あったり、その返済額が不動産担保以上の場合は難しいことです。
不動産担保ローンは、総量規制対象外ですから、基本的には何百万円単位の融資が可能ですが、それがあまりにも大きい額になっていたとしたら、金融機関としても簡単に審査を通すことはできないのです。

 

滞納や遅延がなかったとしても、返済能力を見た場合、不安になる年収であったり、一度でも滞納経験がある方は、審査は通りません。
その記録が、10年前とか、以前の収入のときであれば別ですが、抱えている借金額、滞納、遅滞に関しては、不動産担保ローンそのものは難しいといえます。

 

▲メニューに戻る

年収が低いのと会社歴が浅いのも審査落ちの原因かも?

無担保ローンよりも融資額の大きい不動産担保ローンの場合、審査でネックになるのが年収です。
金利が低く、まとめローンとしても利用ができる不動産担保ローンですが、無担保ローンのような固定金利ではなく、変動金利を使う場合も多いです。
これは、不動産担保ローンの返済期間が10年以上の長いこともあり、金融機関としても安全なローンの金利設定にするためです。
ですから、住宅ローンのように一定の収入などが求められます。
一般に住宅ローンよりも低い融資になることが多い不動産担保ローンですが、それでも金額が大きくなれば低金利でも返済額は大きくなってしまいます。
収入に関しては、厳しい審査が待っています。

 

転職続き、現在の職場がまだ2年程度の場合も無理かもしれません。
担保があるのにどうして?と思うところですが、金融機関の目的は物件ではなく、ローンの継続です。
ですから、しっかりと返済ができる保証がなければ、とても良い物件を担保とした場合でも、簡単に審査落ちになります。

 

反対に言えば、これだけの高い収入があるという場合、多重債務であったとしても、審査が通ることもあります。
高い金利の消費者金融で困っているから、不動産担保ローンのまとめローンに借り換えをしたい。
返済に関しては、過去に滞納もなく、これからも大丈夫だろうと信用情報的にもOKになるのです。

 

ある程度の年収に対応した金額の融資しか受けられない場合も多く、会社員歴も短いのであれば、信用してもらえない可能性が高いということです。

 

▲メニューに戻る

固定資産税が未納だと借りられない

不動産担保ローンを借りたいとき、無条件で審査落ちになってしまうのが、固定資産税の未納です。
これをしていないと、絶対にローンを組むことができません。
実は、このお金を支払う事ができないと言うのであれば、信用度は一気に低下してしまいます。
では、担保ローンではなく、いっその事売却をしないとダメですね、しかし、未納分の固定資産税は差し引かれますという結果になります。

 

借金問題などで、債務整理などの方法がありますが、税金関係は絶対に整理できない項目になります。
日本国民としては、納税義務は絶対の権利であり、普通の借金とは違います。
もちろん、事情を話して、減額などの措置はあるものの、固定資産税に関しては、そのような事は一切ありません。
第一、 不動産と言う財産があるのですから、当然のことです。
不動産担保ローンの場合は、なおのこと信用が大切です。
税の支払いができないのに、借金返済の信用をしてもらうことはできないことになります。

 

もし、不動産担保ローンの申込をしたいのなら、未納分の固定資産税をすべて完済をしてから出直すことになります。
その金額が払えないというのなら、担保ローンは最初から申込が出来ず、不動産でお金を作ることはできません。

 

▲メニューに戻る

住宅ローン中の不動産担保ローンは難しいこともある

住宅ローン支払い中の不動産担保ローンに関しては、できる金融機関が限定されます。
一般に、銀行などでは、住宅ローン中の不動産担保ローンには対応していません。
言葉を変えると、ローンを組むときに第1抵当権でなければダメということです。
また、もし住宅ローン中の不動産に対しても大丈夫であったとしても、融資枠がない場合もあります。

 

2000万円の不動産の場合、2000万円借りられるものではありません。
金融機関などで、時価での不動産評価額を設定し、その7割程度です。
2000万円完済の不動産だとしても、その時の評価額が1500万円しかなく、その7割が融資額になります。

 

ところが、その2000万円の住宅ローンがまだ1000万円程度しか支払いをしていない場合、評価額が下がります。
要するに、1000万円からの評価額になり、その7割が融資額になりますから、住宅ローンをまだあまりしていない場合は、第2抵当権の入る隙間もないということになります。
最終的に10万円程度の融資ですがと言われたとして、不動産担保ローンの契約時にかかる手数料を考えれば、とても損するローンになってしまうのです。

 

完済した不動産でなければダメと言うのは銀行などですが、第2抵当権でも良い場合でも、どのくらいの融資額なのかを確認しなければ、不動産担保ローンそのものの意味がなくなってしまうわけです。

 

また、住宅ローンをある程度終わっていたとしても、住宅ローンの返済負担率が高い場合も審査が厳しいです。
これも不動産担保ローンになることで、返済額が大きくなってしまうので、金融機関としても不安材料の一つになってしまいます。
ただし、住宅ローンをしている銀行との相談で、信用が高ければ、住宅ローンに組み込んだ不動産担保ローンの内容もないことはありません。
しかし、この方法は誰でもできるものではなく、高い信用が存在していることが必要ですが、どうしても住宅ローン中の不動産担保ローンなどの融資がほしいときには、相談だけでもしてみる価値はあります。

 

▲メニューに戻る

保証会社の保証も大きなネック

不動産担保ローンを契約する時に、保証会社の保証が受けられない場合、審査に落ちてしまうことがあります。
住宅購入ときと同じですが、もしものときの保証が付けられないときには、行くに返済能力があっても、審査が通りません。

 

ただ、それだけが審査落ちの原因の場合は、他の不動産担保ローン業者などに相談されることをお勧めします。
銀行などでは低金利ですが、専門業者などでは高い金利ではあるものの、審査そのものがゆるいこともあります。
最近では連帯保証人などは不要なところも多くなっていますが、この保証会社の存在は大きいです。

 

無担保ローンにしても、審査は厳しいところとゆるいところが存在します。
そして、ゆるいところは金利が高いのが特徴です。
無担保ローンと比較をしても大した高さではないものの、最初から長い返済期間設定において、総返済額は大きくなってしまうことも少なくありません。

 

結局今ほしい融資額を手にするために、大きな代償を払ってまでローン契約をしなければならない、その上支払いができなくなって、売却をする羽目になってしまうことも考えられます。

 

保証会社の保証という大きな壁ですが、だから他の審査がゆるいところでの不動産担保ローンにしようということになると、こうした弊害もあるということです。
それでも、全国には様々な不動産担保ローン業者がありますから、口コミなどを参考に探してみるのも一考です。

 

▲メニューに戻る


このページの先頭へ戻る