事業資金を即日融資できるビジネスローンとは

事業者の方は、緊急で事業資金が必要になることもあるでしょう。ビジネスローンならインターネットから申し込みができますので、会社や出先などどこからでも審査をスタートさせることができます。即日融資が必要な場合も、500万円程度まででしたら最短1日も不可能ではありません。インターネットからビジネスローンの申し込みに要する時間は、10分前後です。

 

即日融資にも対応可能なビジネスローンですが、どんなローンにも共通するように審査に通らなければ融資を受けることができません。まず、ビジネスローンとはどのようなものなのでしょう。事業融資ともいわれ、事業性を持った使途に限定されたローンのことです。法人ではなく個人事業主の方を対象にしたビジネスローンもあり、そちらでは事業費に限定せず、生計費にも利用可能です。ビジネスローンを扱っているところは、銀行、消費者金融、信販会社などです。

 

法人や事業者ではない個人が金融機関から借り入れをする場合、銀行カードローンは総量規制の対象となりますので、申し込み者の年収の3分の1が上限の範囲でしか融資を受けることができません。しかし、ビジネスローンは総量規制の対象外なので、年収を気にせずに申し込むことができます。

 

また、個人がカードローンやキャッシングに申し込みをする場合、他社でどのくらいの借り入れをしているか、何社から融資を受けているかが審査に影響してきます。その点ビジネスローンは他社からの融資の影響を受けることがありませんので、まっさらな状態で借り入れをすることができます。

 

緊急事態にみまわれており、即日融資をご希望な場合には、ビジネスローンを扱っている金融機関の中でも対応が迅速な消費者金融や、信販会社(ノンバンク系)を選ぶことがポイントです。ちなみに、銀行系消費者金融と銀行カードローンは別なので、銀行系消費者金融もノンバンク系になります。銀行にビジネスローンの申し込みをしてしまうと、緊急時の即日融資には対応していないことから、審査の返答がくるまで何日かかかってしまいます。

 

また、消費者金融や信販会社のノンバンク系は、銀行カードローンと比較して高い審査可決率を誇っています。事業融資専門金融業者、銀行系消費者金融、信販会社のビジネスローンで手続きをすることをおすすめします。

関連ページ

ビジネスローンで緊急に即日融資の審査に通すための秘訣は?
個人ではなく法人や事業で必要な資金を緊急に即日融資してほしくなったら、消費者金融や信販会社などのノンバンク系に申し込むとスピーディに対応してくれます。ビジネスローンの審査は、資金計画と事業の書類をしっかり整えることで、ほぼ100%の可決率に近づけられます。
法人が即日融資をするには提出する決算書作成時の注意点
法人が金融機関から即日融資を受けるためには、審査で提出する決算書の作成を入念に準備することが大切です。最も入念に調べられるのは、損益計算書です。決算書はできるだけ万全な状態に作成し、提出することが即日融資を受けられるかのカギです。
保証人をたてることで緊急時の即日融資をより可能なものに
ビジネスローンの審査を確実に通すためにできることの一つが、保証人をたてることです。融資をする金融機関側としては、貸したお金が返済されずに踏み倒されるリスクがなくなりますので、即日融資の可能性を上げ、大口融資がされやすくなります。
ローンの審査に落ちやすい人の特徴
ローンの審査に落ちやすい人は、事業計画や返済計画に明確さがない場合や融資を受けられた場合の使途が明確性がない場合、申告内容がいい加減であったり、最初から銀行のビジネスローンをあきらめている。または信用が失墜しているなど、これらの理由で審査に落ちています。

このページの先頭へ戻る