法人が即日融資をするには提出する決算書作成時の注意点

法人が金融機関から即日融資を受けるためには、審査で提出する決算書の作成を入念に準備することが大切です。決算書は一点ではなく株主資本変動計算書・製造原価報告書・販売費一般管理費明細・損益計算書・貸借対照表・勘定科目明細・法人概況説明書の一式のことをいいます。決算書は法人が債権者などの利害関係がある対象に向けて、財務の状態や経営成績などを伝えることのできる書類です。最も入念に調べられるのは、損益計算書です。

 

決算書では、主に以下の5つのポイントが審査されます。保証人や担保があるか、保証人がいる場合はその人が十分な返済能力を持っているか。融資を受けた場合のお金の使途、借り入れを希望している金額は適正とみなせるか。返済にあてる資金は、売り上げ金や利益など具体的にどこから出されるのか。財務状況を確認し将来的に好転する見込みがあるか、財務状況に問題を抱えていないか。その法人の経営状態、融資をした場合に確実に代表者が返済できそうか。

 

ビジネスローンに申し込みをした今期の純利益から、全部の減価償却費や純利益などが明らかにされ、赤字または黒字のどちらかが審査されます。ビジネスローンの申し込みをするのが個人事業主の場合、赤字だと判断されるとビジネスローンを組むことが困難になります。法人とは異なり個人事業主の場合は、ご本人の生活費なども含めたあらゆる事業費が収支からまかなわれるためです。

 

個人事業主であっても、その事業とは別に副収入があり定期的にお金が入るようでしたら、そのことも申告しておきましょう。副収入があることで、審査が有利になります。その副収入がどのくらい審査で評価されるかは内容次第ですが、認められた場合はビジネスローンの審査でいい回答をえられやすくなります。

 

損益計算書の他にも、ビジネスローンの審査では減価償却費が重要な書類として判断されます。いずれにしても決算書はできるだけ万全な状態に作成し、提出することが即日融資を受けられるかのカギです。

関連ページ

事業資金を即日融資できるビジネスローンとは
即日融資にも対応のビジネスローンでは、ネットからの申込みに要する時間は10分です。事業資金とも言われたこちらは、銀行や、消費者金融、信販会社で審査を受けられます。目的ローンとなるので、総量規制範囲外での借入となるのも嬉しいところです。
ビジネスローンで緊急に即日融資の審査に通すための秘訣は?
個人ではなく法人や事業で必要な資金を緊急に即日融資してほしくなったら、消費者金融や信販会社などのノンバンク系に申し込むとスピーディに対応してくれます。ビジネスローンの審査は、資金計画と事業の書類をしっかり整えることで、ほぼ100%の可決率に近づけられます。
保証人をたてることで緊急時の即日融資をより可能なものに
ビジネスローンの審査を確実に通すためにできることの一つが、保証人をたてることです。融資をする金融機関側としては、貸したお金が返済されずに踏み倒されるリスクがなくなりますので、即日融資の可能性を上げ、大口融資がされやすくなります。
ローンの審査に落ちやすい人の特徴
ローンの審査に落ちやすい人は、事業計画や返済計画に明確さがない場合や融資を受けられた場合の使途が明確性がない場合、申告内容がいい加減であったり、最初から銀行のビジネスローンをあきらめている。または信用が失墜しているなど、これらの理由で審査に落ちています。

このページの先頭へ戻る