保証人をたてることで緊急時の即日融資をより可能なものに

法人や事業者が金融機関から緊急時に即日融資を希望する場合、金額が大口になってしまうこともあるでしょう。そのような場合にビジネスローンの審査を確実に通すためにできることの一つが、保証人をたてることです。

 

保証人だけでなく一定以上の保証料も準備しなければならないのですが、融資をする金融機関側としては貸したお金が返済されずに、踏み倒されるリスクがなくなりますので、大口融資がされやすくなります。このときに申し込む場所を銀行にしてしまうと、ビジネスローンより厳しい条件がつけられることから、審査に通る確率は低くなってしまいます。もし信用保証協会の助けがあるとしても、前期の経営状態が不振だったり税金の納税遅延などがある場合は、審査に通りにくくなります。

 

保証をたてることが困難でも、手がないわけではありません。ノンバンク系なら審査に通過することも期待できるからです。最も柔軟性が高いのは、ビジネスローン専門金融業者です。もし延滞している税金や赤字をだしたことがあっても、相談に乗ってもらえます。

 

銀行で借り入れの申し込みをする場合、希望金額が1,000万円を下回るなら、保証人や担保を準備しなくてもいいことになっています。ただ、希望金額が大口になると、保証人を据えることで金融機関側が貸し倒れしないようにする必要がでてくるのです。あまり大口の融資が必要になる状況は想像しづらいかもしれませんが、例えば設備投資などでしたらまとまった資金が求められることもあります。審査に通過しやすくするための一つの手段として、保証人を立てるという方法があることを知っておいてください。

 

保証人なしでビジネスローンの審査に通過したいなら、希望金額を300万〜500万円くらいにしておきましょう。このくらいの資金は少額融資とみなされ、事業融資専門業者や銀行系カードローンのビジネスローンに申し込めます。

 

保証人が不要な方法として、ファクタリングという資金調達方法もあります。売掛金が安定してあるというところでしたら、最短1日で融資を受けられます。売掛金を売却するという手法です。会社の状況に応じて、ベストな選択を行ってください。

関連ページ

事業資金を即日融資できるビジネスローンとは
即日融資にも対応のビジネスローンでは、ネットからの申込みに要する時間は10分です。事業資金とも言われたこちらは、銀行や、消費者金融、信販会社で審査を受けられます。目的ローンとなるので、総量規制範囲外での借入となるのも嬉しいところです。
ビジネスローンで緊急に即日融資の審査に通すための秘訣は?
個人ではなく法人や事業で必要な資金を緊急に即日融資してほしくなったら、消費者金融や信販会社などのノンバンク系に申し込むとスピーディに対応してくれます。ビジネスローンの審査は、資金計画と事業の書類をしっかり整えることで、ほぼ100%の可決率に近づけられます。
法人が即日融資をするには提出する決算書作成時の注意点
法人が金融機関から即日融資を受けるためには、審査で提出する決算書の作成を入念に準備することが大切です。最も入念に調べられるのは、損益計算書です。決算書はできるだけ万全な状態に作成し、提出することが即日融資を受けられるかのカギです。
ローンの審査に落ちやすい人の特徴
ローンの審査に落ちやすい人は、事業計画や返済計画に明確さがない場合や融資を受けられた場合の使途が明確性がない場合、申告内容がいい加減であったり、最初から銀行のビジネスローンをあきらめている。または信用が失墜しているなど、これらの理由で審査に落ちています。

このページの先頭へ戻る