ビジネスローンで緊急に即日融資の審査に通すための秘訣は?

個人ではなく法人や事業で、必要な資金を緊急に即日融資してほしくなったら、消費者金融や信販会社などのノンバンク系に申し込むとスピーディに対応してくれます。即日を希望するあまり、適当な気持ちで審査にのぞんでしまうと、本来受けられるはずの融資を逃してしまうことになります。ビジネスローンの審査に通るためには、どんな秘訣があるのかご紹介しましょう。

 

ビジネスローンの審査は、資金計画と事業の書類をしっかり整えることで、ほぼ100%の可決率に近づけられます。準備する書類は、決算書一式・資金の使途・商業登記簿謄本・(会社の案内や概要、事業内容などが書かれた)事業概要の書類の4点です。

 

事業計画書は、主に5つのポイントがあります。短期・長期利益計画をしっかり算出する。返済計画と資金計画の数字は、正確に記載する。主な販売先と仕入れ先の説明を行う。ターゲットや市場に関しても含めて、事業内容や略歴の詳細を記す。自社の強みと企業理念を前面に押し出す。

 

ビジネスローンの審査担当者は、たくさんの申し込みをこなしています。どんなに思いが強くても長くダラダラと記載するより、ミスがなく簡潔に要点がまとめられている方が好印象となります。

 

ローンを組むとき、審査担当者は申し込みをしてきた相手に対し、信頼してお金を融資できるかどうかをチェックしています。そのため、資金計画表は数字に間違いがないよう、細心の注意を払ってください。一人で作成してそのまま提出するのではなく、できれば3人くらいで確認し、万全な状態で仕上げてから出しましょう。

 

お手本が必要なときには、株式会社日本政策金融公庫(JP)に事業計画書、企業概要書、借入申込書の記入例が紹介されています。こちらを参考に、書類作成をされてみてください。

 

申し込みをする事業が創業して何年続いているかが、ビジネスローンの審査に大きく影響します。長ければ長いほど安定して運営されていると好印象になり、審査に有利となります。ビジネスローンを扱っている金融機関によって基準が異なり、ビジネス専門の金融業者は1年以上の実績でも、審査に通過するところがあります。逆に、銀行カードローンは厳しめで、最低でも2年以上続いていることが必要です。こうした特徴も知った上で、申し込みをする金融機関選びをしてみてください。

関連ページ

事業資金を即日融資できるビジネスローンとは
即日融資にも対応のビジネスローンでは、ネットからの申込みに要する時間は10分です。事業資金とも言われたこちらは、銀行や、消費者金融、信販会社で審査を受けられます。目的ローンとなるので、総量規制範囲外での借入となるのも嬉しいところです。
法人が即日融資をするには提出する決算書作成時の注意点
法人が金融機関から即日融資を受けるためには、審査で提出する決算書の作成を入念に準備することが大切です。最も入念に調べられるのは、損益計算書です。決算書はできるだけ万全な状態に作成し、提出することが即日融資を受けられるかのカギです。
保証人をたてることで緊急時の即日融資をより可能なものに
ビジネスローンの審査を確実に通すためにできることの一つが、保証人をたてることです。融資をする金融機関側としては、貸したお金が返済されずに踏み倒されるリスクがなくなりますので、即日融資の可能性を上げ、大口融資がされやすくなります。
ローンの審査に落ちやすい人の特徴
ローンの審査に落ちやすい人は、事業計画や返済計画に明確さがない場合や融資を受けられた場合の使途が明確性がない場合、申告内容がいい加減であったり、最初から銀行のビジネスローンをあきらめている。または信用が失墜しているなど、これらの理由で審査に落ちています。

このページの先頭へ戻る