即日融資 自営業

  1. 属性がそんなに低い?自営業の悲しい現実
  2. 自営業は何かと審査が厳しい
  3. リピーターは借りやすい?
  4. 自業者向けにするか個人向けにするか 即日融資にこだわるのなら
  5. 銀行の即日融資を見てみると

 

 

属性がそんなに低い?自営業の悲しい現実

消費者金融や銀行カードローンでは、利用者の年収と勤務先を重視します。これが基本となる審査対象になります。ベストなのは勤続年数が長い公務員です。倒産しない会社であり、勤続年数が長いということは昇給も考えられることから、返済能力が高い属性になります。

 

では、自営業はどうか?というと、属性はとても低いのが現状です。過去の業績にもよりますが、自営業と言うのは保証をしてくれるのが自分しかいないことになります。会社組織という後ろ盾がないことから、消費者金融によっては、パートやアルバイト、派遣社員よりも属性が下の場合も少なくありません。

 

もちろん自営の規模にもよりますが、収入証明書類によっては、借り入れすらできないこともあります。即日融資の消費者金融などの場合は、自営業も歓迎しています。ただし、限度額は大きくないこともあり、知り合いの会社員よりも年収は高いのに、借入金額があまりに低いのでがっかりしたという口コミもあります。

 

少額の利用なら、大手消費者金融でも銀行カードローンでも即日融資ができますが、運営資金調達ということであれば、審査などに時間をかけられる場合もあります。この場合、大手消費者金融などではなく、自業者向けの消費者金融などの利用が確かでしょう。

 

 

 

自営業は何かと審査が厳しい

自営業をしている方にとって、事業資金の調達はなかなか難しいです。取引している銀行などに相談に行くことが一番安心ですが、もし収入的に安定をしているのなら、大手消費者金融の利用も可能です。総量規制で年収の3分の一までならとりあえず借り入れができます。

 

大手消費者金融では、◯万円までなら収入証明書類が不必要なところが多いですが、自営業の方も同じです。ただし、多額の借り入れの場合、会社員なら会社が出す収入証明書類が必要で、それだけで良いのですが、自営業の場合は公的書類が必要になります。確定申告書などでも有効ですが、書類としては、別に用意しなければならないことになります。

 

消費者金融では、会社員の場合在籍確認を行います。本当にその会社に所属しているかということですが、自営業であり社員もいないのであれば、在籍確認も何も自分の電話番号にかけてくるだけの話です。きちんとした自営業であったとしても、疑いの目はあることは確かで、自営業の場合は保証できると確信するまで多額の融資はハードルが高いといえるでしょう。

 

これは、自営業は会社名もないことから簡単に不正ができると金融業者でも警戒をしていて、仕方のないことです。実績のない会社に即日融資をしたとしても返済できないのであれば大損してしまう、そんなリスクを少しでも減らすための確認が多くなってしまうのです。

 

 

 

リピーターは借りやすい?

初めての即日融資ではなく、2回目の即日融資。自営業でもこれはすんなりといくことが多いです。前回とても苦労をして、即日融資を受けた消費者金融かにのリピーターなら、返済実績がきちんとあることで信頼があります。自営業カードローンとして、銀行などでも同様に返済した記録があり、返済日を守って金融事故ゼロの場合は、すんなりと即日融資もできます。

 

大手消費者金融でも自営業を対象として即日融資は行っています。最初に入力する情報と提出する書類内容に相違がなく、金融事故がない方、現在多重債務になっていない方であれば、融資を受けることができます。

 

ただし、前回はOKでも、改めて直近の業績などを確認するため、提出しなければならない書類がないとは限りません。その時に業績が悪いときなどは、場合によっては即日融資ができないこともあります。収入証明書類に関しては、絶対にごまかすことはできませんから。ここは審判を受けるしかないでしょう。

 

ですから、即日融資でなければならないという場合は、急を要しますから審査には時間をかけられません。最悪少額でも良いから借りられるだけの即日融資を受けるか、別の方法も考慮することが必要になります。過去に大丈夫だったからと言うのは、通用しない時もありますから、一応覚悟はしておいたほうが良いです。

 

 

 

自業者向けにするか個人向けにするか 即日融資にこだわるのなら

自営業の方は大手消費者金融ではなく、自業者向けのカードローンを利用する手もあります。一般の消費者金融とは違い、最初から事業資金のためだけに使用できるものです。メリットとしては、総量規制が無関係になることから、最初から高額な借り入れができることです。ただし、即日融資に関しては、これはなんとも言えないのです。

 

自業者向けカードローンは、確定申告などの所得証明書の他に、返済計画書が必要になります。要するに、その資金の流れと今後の計画をきちんとたてた方でなければ借り入れができないようになっています。資金融資ですから、業績が多少悪いのは同意の元ですが、では返済はどうするのですか?と言った場合の回答ができる個人事業主でなければ、利用できないことになります。

 

それは大変ですから、高額融資の銀行カードローンなどもあります。こちらは個人向けのカードローンであり、原則的には事業資金としての利用はできないこともあります。しかし、事業の規模によって数十万円で良い場合などは、個人向けのカードローンの利用の方が借りやすいといえますが、こちらも即日融資に関してはできると言えない場合が多いです。

 

消費者金融などの即日融資での対応ができるのならベストの借り方です。事業資金として明記することもないですが、個人情報や過去の事故情報がない方、収入に関して、しっかり証明ができる方のみの利用になります。ただし、この場合は即日融資ができる可能性が高いといえるでしょう。

 

 

 

銀行の即日融資を見てみると

銀行の自業者向けカードローンの利用対象者は、20歳以上で業歴1年以上となっていますが、法人格の代表となっていることが多いです。法人と言えば、全ての自営業の方がそうなっていない場合も多いでしょう。社会的信用度でいくと、この法人の扱いが重要になります。

 

単に自分だけで事業を起こして、会社組織ではない自営業の場合、信用度は落ちます。審査対象としても、パートやアルバイトの下になってしまうのは当然です。保証されるものが何もないのですから。

 

法人になっていれば、会社としての信用度がありますから、たとえ自分が代表者であって、社員がいないとしても、見方は変わってきます。銀行などの自業者向けカードローンに関しても、法人格ではない場合は、個人向けのカードローンしか使用できないことになります。

 

銀行カードローンの場合は、総量規制が無関係です。年収がゼロの場合であっても借り入れができる可能性が高いのですが、その時は専業主婦と同じ枠内での50万円以下の少額になります。それでも良いのなら審査は簡単ですが、自営業として所得証明書つきでの個人向けのカードローンの申し込みについては、審査に多少時間がかかったり、問い合わせがあることで融資が可能になることもあります。

 

ただし、即日融資ができるか、この保証はできません。とりあえず早く融資がほしいのであれば、朝一番の申し込みをした方が良いとしか言えないです。

 


このページの先頭へ戻る