定職でなければ不動産担保ローンは利用出来ない

これは不動産担保ローンだけに言える事ではなく
ほぼ全てのローンにおいて定職でなければ利用する事は難しいでしょうね

 

必ず審査というものがありますので、個人データに問題が無くても
安定した収入が無ければ

 

どんなに誠意がある方でも誠実さを貫き通しても
審査は落ちます。

 

人間性も大事ではありますが
やはり信用性とは=持続してお金が払えるかどうかであり

 

返済を見込める人かどうかが重要なのだと思われます。

 

なので清々しい挨拶や対応をとった所で定職でなければ
審査を通る事は出来ないのです。

 

本人の審査基準に問題が無い人だけが通過出来るようになっております。

 

例を挙げますと

 

  • ・満20歳以上で62歳未満の方
  • ・3年以上の同一先での勤務
  • ・年収200万以上の方

 

このようにある程度満たさなければいけない条件があるのです
これらに不利な個人データがありますとまず審査を通る事は出来ないわけです。

 

定職について審査基準を満たし、尚過去の履歴に問題が無ければ審査が通る確率は十分アップするというものです。

 

まずはある程度勤められる会社に就く事が最優先です。

 

審査基準がクリア出来ていない人は不動産担保ローンなんて持っての他という風に考えるべきだと思います。


このページの先頭へ戻る