不動産担保ローンの良い点・悪い点

不動産担保ローンってよく耳にしますが
実行するとなるとかなりの覚悟が要されます。

 

ある程度腹をくくった人が決断するに等しいとも言える程
シビアに考えて実行するべきローンであります。

 

不動産担保ローンで融資を受けると支払い方を一歩間違えれば裁判所から強制執行となり家を取り上げられてしまうでしょう。

 

一見大げさに思えますが
実際の事実でありますので、並大抵な気持ちで申し込むのはやめた方が良いというわけです。

 

この不動産担保ローンについて
良い点と悪い点をまとめてみました。

 

今後の参考にされてみて下さい。

 

不動産担保ローンのメリットを考えると

 

無担保融資より融資額が多くて受けやすいのが特徴です。

 

不動産の評価額が融資額に比べて上回る場合低金利の相談が可能となります
担当の方へ交渉する事も出来るようです。

 

これらのメリットに関しては返済能力がある程度見込まれている方に限っての事となります。

 

続いてデメリットを述べたいと思います。

 

登記手数料などがかかるという点
手続きが手間だというのはマイナス要素だと思われます。

 

登記簿謄本に記載されてしまう為
誰でも閲覧出来るという点。(自分の債務額などが登記される)

 

延滞を繰返すと売却されてしまう点は最終的に不動産を無くす事になりますので
最大のデメリットだと言えます。

 

これらの良い点と悪い点を比較して自分に合った不動産担保ローンを選びましょう
生半可な気持ちで手を出すと後々の悲劇となり兼ねますので、人生左右する位の気持ちで慎重にご判断するべきでしょう。


このページの先頭へ戻る