審査甘いのはどっちの不動産担保ローン?

不動産担保ローンを申し込む際に銀行とノンバンクで比較してみた所、明らかにノンバンクの方が利用しやすいという事がわかっております。

 

通常は銀行でしたら審査に1〜2ヶ月を要する事が定番みたいですが
ノンバンクであれば数週間で審査が終わるとありました。

 

最短であれば審査が3日で終わる場合もノンバンクなら可能だそうです。

 

審査の甘い、厳しいに関しては元々大口融資を得意とするローンとなりますのでどちらも決して甘いわけではありませんでした。

 

ただ銀行に比べるとノンバンク系の不動産担保ローンの方が審査は甘いと思っておいて良いみたいです。

 

審査の次に肝心となる融資額につきましては担保にした不動産価値相当の融資を受ける事が可能となっているのもノンバンクが一歩上手と言っても良いでしょう。

 

これが銀行だった場合審査に多大な時間がかかるだけでなく
融資額もほとんどのメガバンクいわゆる銀行系では最大5000万円迄となっているみたいでしたからね。

 

どっちを利用しやすいかで言えば
言わずとも明白な事だと思われます。

 

はじめて不動産担保ローンを申し込む人は比較的銀行より審査の甘いノンバンク系で検討すれば
ご納得いく融資が受けられる事かもしれません。

 

ゆっくり慎重に借りたい人は銀行系
早く借りたい急ぎの方はノンバンク系という事となるんだと思います。


このページの先頭へ戻る