不動産担保ローンの口コミ情報

不動産担保ローン
動くお金も大きいですが、それだけリスクが大きいのも確かです。

 

よって支払いが怠ったり返済が困難になれば
自分が担保に設定した不動産を失うわけでありますが

 

出来るだけ継続的に安心してお取引出来る業者を選びたいと思うものではないでしょうか?

 

せっかくの不動産
どうせなら手放さずに賢い借り入れをして納得いくローンを組みたいと思われるものでしょう。

 

最悪、悪徳業者と取引を万が一してしまえば借金も不動産の存続も危ない事となってしまいます。

 

出来るだけトラブルは避けたいもの。

 

一番安心かつ安全なのは銀行系の不動産担保ローンになります。

 

住信SBIネット銀行や東京スター銀行などがお勧めです。

 

やはりここは大手の名前だけあって信頼感はバツグンだと思います。

 

お金もちゃんと計画的に借りて尚返済の安定性も重視
尚不動産も守りたい。

 

銀行系が正に転ばぬ先の杖となってくれる事だと思います。

 

ノンバンク系の方も評判が良かったりもしますが
初めて不動産担保ローンを利用するのであれば銀行系が一番絶対損もしないし、被害に遭う事もありません。

 

銀行以外で不動産担保ローンの専門業者もいたりしますが
何処まで安全なのかなかなかわからないというものです。

 

口コミに左右されると返って危ない事もあります。

 

ランキングから見ましても
低金利の銀行系による不動産担保ローンが上位を占めておりましたので、初めて不動産担保ローンを検討する方でしたら銀行系が絶対安心の不動産担保ローンとなっていると思います。

家を買ったら一生住んでいたいもの

私が家を建てたのは今からちょうど20年前です。
当時はどんな少ない年収でも審査が甘く誰でも借りられました。
その代わり金利は高く4%でした。今は1%台だと思います。そしてその頃主流だった借り入れ年数は25年でした。なので私は後、5年ということになります。もうすぐ長かった住宅ローンが終わることにホッとします。でも現在、主流は35年です。

 

これは本当に気が遠くなる年数です。できればこの支払い年数は5年でも結構ですので短縮されることをお勧めします。例えば20年払って残り5年と15年では桁違いです。そして厳しいと思いますがボーナス払いもなしで毎月均等にされることをお勧めします。ボーナスは住宅ローンに組み込まず、いざという時の貯金として備えておくべきです。
これができるかどうかで何十年後に、胸を撫で下ろせることもあるかと思います。そして今の目先にとらわれす変動金利でなく固定金利にすることです。計算が違ったでは遅いのです。初めから計算通りの金額で成り立たせることなのです。これらのことに気を付ければ、大分違ってくるに違いません。銀行の融資担当の言うなりにせず、甘く考えないことが後々に活きてきます。

 

例えば35歳で家を建て35年ローンだと70歳ですよ。それまで健康で元気でいられると言えますか。健康でいられる方が難しいのです。それを健康で何の問題も起きないと契約するようなものなのです。何かあって当たり前。不測の事態に備えるとはそういうことなのです。予定通り行かないことを前提にすべきなのです。マイホームは人生の夢ですが、逆にそれで自分の首を絞めることにだけはならないようにしたいものです。

 

人生、家だけに支払いのウエートを置き過ぎると必ずしわ寄せが来ます。他のことにも十分目を向け、家だけに舞い上がって頭が行かないようにすることです。

 

世論調査ではありませんが、私の町内は30世帯ですが、その3分の1は家を手放した人たちなのです。買ったら一生住んでいたいものです。


このページの先頭へ戻る