不動産担保ローンはリスクがある

自分の家を担保にしてお金を借りるというと
一見ラッキーと思えるものですが

 

よくよく考えると支払えない時の万が一を考えますと
大変恐ろしいローンでもあります。

 

勿論支払いに難が無ければ特に心配する必要もありませんが

 

果たしていつまで安定して支払いを続ける事が出来るのでしょうか?

 

不動産担保ローンに関しては無担保ローンに比べて
これから先々を見据えた上での決断力がとても重要です。

 

ただのローンのように手続きしてしまうと後々泣くはめになってしまうのは言うまでもありませんからね。

 

ある程度計画を練って行う分には良いですが
無計画で挑んでしまうと人生失敗する恐れがあるわけです。

 

つまり"家を失う"という事になります。

 

時既に遅しとなって
その時になってあたふためいても国の命令で強制執行となりますので、黙って従う以外に方法は無くなります。

 

どんなに頑張っても競売にかけられてしまうと誰かに買われてしまった際
もう他人の家となってしまうのも辛い話ですね・・・。

 

なるべくならば無担保ローンを利用したい所ですが、融資確率や金利なども考えると交渉の余地がある不動産担保ローン

 

こちらの方がオススメではあります

 

よくよく考えて決めなければいけません。


このページの先頭へ戻る