不動産担保ローンと住宅ローンの相違点

ローンも色々ありますが、特に共通点のあるローンで考えますと
不動産担保ローンと住宅ローンがありました。

 

この二つは似ている点もありますが、性質が違うものとなっております。

 

不動産担保ローンというものは不動産を担保に融資を受けるもの
その不動産の評価額によって融資可能額も変わってくる模様。

 

担保にかけられる不動産には抵当権が設定されてしまう為
返済が難しくなった時、競売にかけられるといった事が免れないものとなります。

 

結果不動産を喪失する事となるでしょう。

 

売却代金は返済金額に充てられます
しかし売却金額が返済する残額に満たない場合は差し引いた残りの分の債務を支払う必要性があります。

 

これと似ているのが住宅ローンです。
土地や建物に抵当権が設定される点は共通項と言えます。

 

住宅ローンというものは住宅を新規に取得する際や増築、改築と、他社からの借り換えの為のローンとなっております。

 

これらが不動産担保ローンと住宅ローンの相違点となっています。

 

どちらも支払いが困難になれば手放すという点ではとても似ていたりします。

 

つまり無担保ローンのように簡単にお金を借りるのではなく
家や土地を手放すリスクを背負ってお金を借りるという意味ではよく考慮した上で申し込むべきローンだと思われます。


このページの先頭へ戻る