不動産担保ローン 北海道

  1. とりあえず信用金庫に相談を
  2. 札幌市以外ではあまり利用はないかも?
  3. 私の町は担当地域なのかを確認して
  4. 北海道では不動産担保ローンが無理な地域もある
  5. 地域によって大差が出る不動産担保ローン

 

 

とりあえず信用金庫に相談を

北海道での不動産担保ローンに関しては、札幌や旭川などの都市以外では、各地の信用金庫で対応しています。一般的に不動産担保ローンの担保と言うと、土地や建物ですが、北海道は大きな都市以外の担保価値は、あまり多くないことがいえます。
地元の不動産などの査定によって、ローン額も決まりますが、専門業者などもあまり存在していないのが現状です。
ですから、信用金庫などで対応しています。

 

東京などに本社がある不動産担保ローン専門業者で北海道も可能エリアになったいる場合もありますが、北海道179市町村を網羅しているとは限りません。
残念ながら、町村に至っては、事業展開をしていないことが多いと思ったほうが良いでしょう。

 

土地の価値がないわけではありませんが、金融機関で定める担保の評価額の7割程度の貸付となると、額は大したことにならないといえます。原野などは、広大ですが価値そのものの低く、山も同じです。
北海道では、あの広大な敷地の山を持っていると言っても、その価値し1000万円も満たない場合がほとんどです。

 

よって、北海道の郊外と言われる地域で、不動産担保ローンを依頼したい場合は、銀行でも信用金庫がベストです。
この信用金庫は、親身になって相談に乗ってくれる他、ある程度の希望額も評価額の中から見出すことができるでしょう。

 

 

 

札幌市以外ではあまり利用はないかも?

北海道で、不動産担保ローンの融資対象物件が多いのは、札幌市とその郊外です。個人向けの不動産担保ローンの場合は、ある程度の査定額がなければ、実際の借入金は少なくなるばかりです。
融資実行に至るまでの査定などで、評価額の低さは地元でも承知のことです。

 

ただし、いわゆる財産家と言われる方の場合は例外です。
あちこちにアパートを持っているなど、そこそこの資産家であれば、十分な評価額も期待できます。

 

地方に行くと、こうした資産家などは、銀行との取引が長く、不動産担保ローンなどの相談も気軽にできます。
先代からの土地建物などで、交渉次第ですが、ローン契約ができます。
ただし、評価額については、町村単位ですと、とても低いのが現状です。

 

札幌市は特別です。
石狩や小樽と言って商業的にも成功している地域に関しては、不動産担保ローン専門業者なども力を入れていますが、同時に信用金庫などでも相談に乗ってくれます。それなりの評価額に見合うローンしか組めないのが、現実ということです。

 

取扱い地域などは、かなり限定的になっていますし、希望金額がなかなか借りられないことも多いでしょう。
それもそのはずです。2000万円台で、100坪近い土地と建物が手に入る地域がほとんどですから、不動産担保ローンの担保価値も低いのは当然です。北海道では、個人で不動産担保ローンを利用している方は、首都圏と比較をしても少なく、法人による事業資金の捻出に使用されていることがほとんどです。

 

 

 

私の町は担当地域なのかを確認して

北海道での不動産担保ローンをお考えの方の場合、インターネットなどで専門業者を調べることができます。
近所を探してもそれらしい業者が見つからない場合でも、ホームページの中で北海道が担当地区になっていれば、ローンは可能です。

 

信用力の高い専門業者を選択することが必要ですが、一般的に不動産担保ローンは金利も低く、無担保ローンと比較をしても返済額の軽減が可能です。
以前はファイナンス株式会社でも行っていたのですが、何十年も前の話しです。
その頃は、土地そのものの担保価値が高く、景気良くローンが組めました。
現在は、そのようなローンはないのですが、信用金庫などでは、相談に乗ってくれます。
北海道が担当してる不動産担保ローンでは、評価額からの貸付しかできないので、担保内容が肝心です。

 

北海道と言えば、田畑の面積が広大です。
◯ヘクタール、◯エーカーという広さですが、担保内容としては申し分ないといえます。
実際に不動産担保ローンをしているところもありますが、その担当はほとんどJAです。
専門業者が入ることなく、JAでの利用が主ですが、農家以外では、あまりお世話になることはありません。
ですから、信用金庫などに依頼をする方が多いです。

 

 

 

北海道では不動産担保ローンが無理な地域もある 

不動産担保ローンの条件として、流通可能な不動産であるかが問題になります。金融機関としては、流通させることが目的ではなく、あくまでも担保としての存在ですが、それでももしもの時に、何の価値もなければ、ローン契約は成立しないことになります。
そこで、土地達物でも、建物にはゼロの価値しかなく、土地の評価額もとても低けれど、不動産担保ローンは出来ません。そうなると売却でもして資金を作りたいところですが、不動産会社など手もそのような土地は欲しがりません。

 

よく、固定資産税が高いと都会で話題になりますが、北海道の郊外ですと、1年間に何千円の固定資産税のところはザラです。概算で言っても、そこの不動産担保ローンを組んだ場合に、借りられるお金は微々たるものであることは容易に考えられます。

 

不動産担保ローンに関しては、地域が限定される商品であり、土地の評価額が低い北海道の地域では、全く商品にもなっていないのが現状です。第一、そのようなことを考えることも出来ないと言うのは、住民も承知の上です。

 

主に取引のある信用金庫などが取扱をしている場合もありますが、それでも担保とは言えない価値の不動産を差し出されたところで、お金を貸してくれるかどうか、それは交渉次第です。

 

 

 

地域によって大差が出る不動産担保ローン

全国対応の不動産担保ローンの場合、北海道を含む田舎と言われる地域に関しては、一定の制限があります。広くて何もないのが売りの北海道は、土地の価格が安いです。

 

各地の商業都市と言われる地域に関しては、不動産の流通もあるのですが、何十年も前からほとんど何も変わらない地域では、不動産そのものにも高い担保価値はありません。

 

不動産担保ローンを利用しているのは、事業資金を回している法人が多いですが、広い工場を持っているとか、銀行の根抵当権にしたまま、借入を続けているところが多いです。信じられないほど安い評価額に驚く方も多いかもしれません。

 

一部屋何千万もする都会のマンション。
北海道のある地域では、10棟が入居できるアパートを建設することができます。
このようなアパート経営者などは、不動産担保ローンの融資対象物件になることは可能です。
限定的な利用しかできないことが多いのは、それほどアパートもない地域が多いからです。

 

それでも、新築の家などでの不動産担保ローンの対応をしているところもあります。
業者ではなく、信用金庫や住宅ローンを組んだ金融機関などでも、相談には乗ってくれます。
札幌近郊などでは、その限りではなく、担保価値のある建物は多く存在していて、高いところですと、首都圏並の価値があるところも珍しくないです。

 


このページの先頭へ戻る