不動産担保ローンご利用の際に北海道の方が把握すべき融資までの流れと担保ポイント

不動産担保ローンは、どのような流れで融資までたどり着ける事が出来るのか、よくわからない方もいらっしゃると思います。
大きな金額の融資ですので、融資までの流れがわからないようでは不安になってしまいます。
不動産担保ローンの融資の流れはどのような流れなのか、詳しくご紹介致します。

 

 

不動産担保ローンのご相談

まずは、不動産担保ローンをご利用してみたい金融機関にご連絡をし、相談をするところから始めます。
金融機関のホームページからお問い合わせフォームにてご相談が可能であり、お電話でもFAXでも可能です。
商品のご相談に納得されましたら、お申込みへと進みます。

 

多くの金額が動くローンですので、いきなりお申し込みをするのではなく事前にご相談をしてから検討される事をオススメします。
ご相談時には、登記事項証明書(不動産登記簿謄本)、公図、地積測量図、建物図面、間取り図(建物の担保の場合)、案内図、住宅地図等が必要となります。

 

お申込み

インターネットや書面にて必要事項を記載し、お申込みを致します。
実印や収入証明(決算書、確定申告書、源泉徴収票など)、身分証明書(運転免許証やパスポート)が必要となります。

 

 

不動産担保の審査

提出した書類に基づき、担保として提示した不動産の評価査定を行ってもらいます。

 

審査の内容の報告

メールや電話にて、審査内容の報告が行われます。
この際、審査の有無や融資金額のご報告などがあります。

 

 

契約

審査が通った後、契約内容を説明し必要書類のやり取りを行います。
実印や印鑑証明書、登記識別情報(所有権登記済権利証)、納税証明書等が必要となります。

 

抵当権設定登記

審査が通った後、担保とする不動産の抵当権の設定を行います。

 

融資実行

抵当権設定登記が終わった後、融資実行となります。
融資実行までの時間は金融機関により異なり、早い金融機関は即日、時間がかかる金融機関は3週間〜1か月程かかってしまう事もあります。

 

これらの流れは、金融機関により若干異なる事もあります。
また、担保とする不動産は、このようなポイントを把握しておくと大変便利です。

 

 

古い不動産でも担保と出来るのか

古い不動産であっても担保が可能といえますが、当然不動産としての価値は低いので、低い融資金額となってしまいます。
場合によっては価値が付かない場合もあり、融資へと繋がらない場合もございます。

 

他人に賃貸している不動産でも担保と出来るのか

他人に賃貸している不動産は、その状態によって担保と出来る場合もあります。
ご利用の金融機関にご相談をし、可能なのかどうかを問い合わせてみましょう。

 

 

親の不動産でも担保は可能なのか

三親等までの不動産を担保として設定できる金融機関が大半ですので、親に限らず三親等まで間柄の方の不動産であれば、担保として設定可能です。その場合、その不動産をお持ちの方が保証人となってもらわないといけない、という条件が増えます。

 

銀行の住宅ローンが付いている物件でも担保と出来るのか

不動産投資ローンは、金融機関により抵当権の順位が下でも問題ない場合があります。
その金融機関により条件は異なりますので、事前に問い合わせておくと良いでしょう。
抵当権第1順位じゃないといけない金融会社や、第2位以下でもOKな金融機関など、様々です。

 

 

借地権付き戸建ては担保と出来るのか

借地権付き戸建ての場合、担保として取り扱える金融機関は少ない傾向があります。
取り扱いが可能な金融機関もございますので、事前に問い合わせてみるようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
不動産投資ローンの融資の流れや担保のポイントを把握しておくと、いざご利用の際にとても役に立ちます。理想通り審査に通る事が重要ですので、ぬかりない条件での審査や融資へとつなげるようにしましょう。

関連ページ

北海道で資金に困ったら不動産担保ローンを考えてみよう
北海道で資金に困って融資を受けたい場合は、不動産担保ローンがオススメです。その理由は、北海道の方は不動産を持っている方が非常に多く、土地代金が安く物価もお安いので、比較的どなたでも不動産を手に入れる事が出来ます。不動産担保ローンを受ける事が出来る事は、とても合理的です。
北海道で不動産担保ローンを検討する際に目を向けるべき「担保価値」
不動産担保ローンの審査で1番重視されるポイントといえば、不動産の担保価値です。不動産の担保価値はどのように決められているのかを把握しておきましょう。担保価値は公示地価や基準値地価、路線価の全て又はいずれかを基準とし、時点修正等を行った上で評価額を決定し、評価額を算出します。
北海道でお金を工面したい方にオススメ!不動産担保ローンの使用用途
不動産担保ローンは、様々な資金用途に使う事が可能です。工面したい方にはもってこいです。安い不動産をリノベーションして販売したり、不動産を購入し事業展開や、企業の資金難による資金調達、子供の教育資金、リフォーム等の建築資金、結婚資金や納税資金、医療費の足しなどの利用方法です。
北海道の不動産担保ローンを受ける事が出来る金融機関
北海道で不動産担保ローンを受ける事が出来る金融機関は、北央信用組合、ユニバーサルコーポレーション、アビック、住信SBIネット銀行、オリックス銀行、日本保証などがあります。いずれも評判が高くご利用可能な金融機関となっております。ご検討の際はチェックしましょう。

このページの先頭へ戻る