不動産担保ローン 借り入れ不可

  1. 土地があれば良いというわけではない
  2. 返済能力が審査基準としては大きい
  3. 固定資産税の滞納がある土地はNG
  4. 評価額の目減りと高い金利
  5. ブラック対応の不動産担保ローン

 

 

土地があれば良いというわけではない

不動産担保ローンは金融機関である銀行になどにとっては、債権回収率が高いため、比較的借りやすいローンとされています。
融資額も多く、金利も安い設定、審査にしても総量規制対象外となりますから、どうしても大きなお金を作りたい方には、良い資金調達の手段です。

 

借入金額だけは、その土地の評価額等によって前後しますから、
上限の規定はないものの、銀行カードローン以上の上限設定が魅力です。

 

ただ、どんな土地でも良いか?というと、そうはいかないのです。
融資額の設定が困難な場合、借り入れ不可の可能性もあります。
例えば、山野などの場合、担保に入れたとしても、
その価値が融資額に満たない場合などは、なかなか不動産担保ローンは適用されないこともあります。

 

特に、地方に行くとその評価額が低すぎて、不動産担保ローンそのものを行っていない銀行もあります。
事業資金として調達を考えていたとしても、既に古い取引があったり、
信頼関係ができていないと、“一見さん”での申込みは難しいのが現状です。
土地があればお金が借りられる時代ではなくなったということですが、一応相談だけでもしてみることです。

 

もともと銀行は審査に時間がかかりますが、最初から差の土地では、
不可能と、けんもほろろに断られる覚悟はしておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

返済能力が審査基準としては大きい

不動産担保ローンの融資は、総量規制対象外です。
ですから、債務を持っていたとしても申し込みができますし、まとめローンの資金として調達することも可能です。
ただし、審査基準として、その方の年収や返済の可能性はゼロの場合、借り入れ不可になることも考えられます。
それなら、不動産担保ローンではなく、売却の選択になるということです。

 

不動産担保ローンは、土地を担保にしますから、返済できない時には土地がなくなります。
それを承知で銀行融資ができるのですが、最初から返済する意志がない、
審査に通らないのであれば、ローンは組めないのです。

 

反対に、既に抵当権のある土地だとしても、残額部分での不動産担保ローンも利用することができます。
これは、事業性資金であったり、融資返済の可能性が高い場合で、限度内の借入ができます。

 

総量規制対象があったとしても、返済ができる見込みがないと、
金融機関として、ローンにするには危ない橋をわたることになります。
このような場合は、不動産担保ローンでお金を作るのではなく、不動産で売却を考えてください。

 

その土地の評価額によりますが、返済ができないのに、ローンと言うのは都合がよすぎるという解釈になります。
案外、うまく売れる土地であれば、という可能性もありますが、
それでも返済ができないことを承知で、不動産担保ローンができると思わないほうが良いでしょう。

 

 

 

固定資産税の滞納がある土地はNG

不動産担保ローンで借り入れ不可になるパターンとして、税金の滞納があります。固定資産税をきちんと支払われている土地かどうかは、審査基準としてとても重要で、ここで滞納がある場合は、ほとんどの場合契約が出来ません。

 

都市部などの土地建物の場合、固定資産税の負担は大きいです。
既に借金を抱えている場合で、しつこい催促がないことを理由に税金を滞納している場合などは、いざというときの不動産担保ローンができなくなってしまいます。

 

また、金融機関としても、売却が難しい不動産ですと、固定資産税の負担は同じく大きいものになってしまいます。

 

不良債権化してしまうような不動産に関しては、銀行融資が最初から対象外になり、
税金の滞納がある時点で、審査にも引っかからないのです。

 

他社借入があり、そこに滞納があったとしても、収入があったり、
税金だけはきちんと納めていれば可能な不動産担保ローン。
相談に行くまで、滞納はないようにしておくことが肝心です。

 

それなりの価値の高い不動産担保であれば、
銀行なども、不動産担保ローンの融資実行には前向きになります。
ただし、法に違反をしていないという最低条件だけは守っておかないといけないという話です。
是非、チェックしてみてください。

 

 

 

評価額の目減りと高い金利

不動産担保ローンを考える時、時の動向は必ずチェックしてください。
評価額と同じ融資実行はないですし、金融機関では独自の審査で、融資額を決定します。
各金融機関では、不動産担保ローンに力をいれ始めました。
融資額の拡大や審査基準を緩めるとともに、低金利で長期返済での債務者に優しい設定が目立とます。

 

大きな金額がほしい事業資金の場合、
この設定は嬉しいのですが、時の動向と言うのは、評価額の目減りです。
いわゆるリスクの高い不動産の場合、担保割れなどの可能性もあるのです。
当初は高い取引だった土地の評価額ですが、
がくんと下がることで、融資計画が大きく変わることがあります。

 

不動産担保ローンに限らず、ローンは借入金額が高くなるほど金利が下がります。
広告などで、嬉しい低金利とありますが、それは最大限の融資の場合で、
融資額が下げるにつれて、金利は上がっていきます。
不動産担保ローンの場合、何十年という返済が続きます。

 

考えていた融資額がなく、おまけに金利も高いということになると、損な融資の話になることも考えられます。
何が何でも現金がほしい場合ではないときには、時を待つことで、
不動産担保ローンの利用を考えるのも、必要な場合もあるということです。
銀行としては、少ないですけれど融資ができると判断されると思いますが。

 

 

 

ブラック対応の不動産担保ローン

不動産担保ローンは、銀行などの金融機関で借りられる総量規制対象外のローンです。融資額の高さ、返済期間の長さ、基準金利の低さから、土地所有者にとっては、資金調達の手段としては、利用価値の高いものです。
各大手銀行も、上限は億単位でも用意できるところも少なくなく、審査だけでも通して見る価値はあります。

 

不動産担保ローンで一気に、滞納した借金などを返したいと思っている方も多いですが、
銀行などでは、借り入れ不可となる場合が多いので注意してください。
もともと融資額が多いので、まとめローンにも最適な不動産担保ローンですが、
既にブラックリストに載っている方は例外です。

 

その前、借金の返済が難しい、このまま行くと滞納してしまいそうという、
ギリギリの時に金融機関に不動産担保ローンの相談に行くのはセーフです。
しかし、既にどこからの借り入れも出来ない状態で行くのは危険です。

 

消費種金融系の不動産担保ローンの場合、ブラック対応のところも少なくありません。
ところが、銀行系と比較をしても金利は高いです。
本来の低金利の不動産担保ローンのメリットがないのですが、
今すぐお金を作らなくてはならないブラックの方にとっては、救いの手でしょう。

 

その時の資金調達はできたとしても、新たな借金、
そして高い金利に悩まされる事になり、それができないと土地は失います。
ブラックの方の場合、不動産が最後の砦となっている場合は、
不動産担保ローンの申し込みに関しては、より慎重になることが必要です。

 


このページの先頭へ戻る