土地を担保にした不動産担保ローン

土地を担保にしてお金を借りる方法は、現在不動産担保ローンとして、金融機関の商品になっています。
普通のカードローンと違い、金融機関側には土地がありますから、大口ローンやまとめローンとして利用することができるでしょう。
ただし、その土地にどのくらいの価値があるかで、貸付金額が変わります。
少なくともカードローンの信用情報よりも担保としては価値のある土地がありますから、借りやすいかもしれません。

 

総量規制対象外の貸付になりますから、多重債務などのまとめローンにも適用できるのですが、なかなか簡単にはいかないのが現状です。
それは、価値のある土地を担保として不動産担保ローンをしようとしても、債務者の神信用情報は調べ上げます。
特に銀行の場合、審査機関がとても長く、1ヶ月以上かかるのはザラです。
もし事業資金として、すぐにまとまったお金がほしい場合には、タイムラグはきちんと計算しておかないと大変な事になってしまうことも多いです。
住宅ローン返済などの場合は、既に担保となっているため、別の土地が必要になりますし、それでも審査は厳しいでしょう。

 

以前は、消費者金融やカードローン会社では、比較的簡単に土地担保ローンとしてお金を借りることができました。
しかし、今では、価値のある土地の場合には飛びつくのですが、なかなか売却が難しい土地を担保にしたいと言っても、希望額のお金を貸してくれないケースも多いです。

 

そんな時には、消費者金融の不動産担保ローンに問い合わせてみてください。
金利は銀行よりは高いですが、審査もスピーディーで資金調達には早くに達成できます。

関連ページ

不動産担保ローンを勧められる理由とは
土地がほしいのなら、不動産屋です。金融機関でお金のために土地を担保というのは、保険のようなもので、やはりきちんと返済をしてくれる顧客が良いわけです。銀行や消費者金融では、カードローンとは別に土地を担保にした不動産担保ローンを展開しているところは多いです。
土地を担保にという事は、失うリスクも高い
不動産担保ローンは、土地があればお金が借りられる画期的なローンです。ただし、審査は何かと大変です。まず、無職はNGとされていますが、専業主婦はOKです。
不動産担保ローンのメリットとデメリット、そして債務整理
・メリット、一番は、比較的簡単に大金を借りることができることです。土地は一財産です。何百万という単位はちいさい方で何千万、億単位までの融資額も珍しくありません。
これも不動産担保ローン?リバースモーゲージ
リバースモーゲージという言葉は最近CMで流れることもありますが、ある意味不動産担保ローンと言えるでしょう。ただ大きく違うのは、いずれ失うことを前提としたローンだからです。

このページの先頭へ戻る