不動産担保ローンのメリットとデメリット、そして債務整理

土地を担保にする不動産担保ローンのメリットとデメリットを見てみてみましょう。

 

メリット

一番は、比較的簡単に大金を借りることができることです。
土地は一財産です。
何百万という単位はちいさい方で何千万、億単位までの融資額も珍しくありません。
低金利、返済期間が長い。
不動産担保ローンの低金利と言うのは魅力です。
ですから、まとめローンとして使用されることも多いです。
最近はネット銀行など、窓口そのものが存在しない金融機関でも取り扱っています。
何かと革新的なこれらの銀行の金利は安い(住宅ローンなども)のですが、審査は厳しいようです。
多重債務でも融資が受けられるのは最大のメリットともいえます。

 

デメリット

必ず借りられるものではないということです。
土地や不動産によっては、なかなか難しいと判断されてしまい、審査ですからと言われるとそれ以上は聞けないです。
やはり失うリスクがあることです。
必ず計画的な返済ができる条件での契約をしないと、その土地がなくなってしまいます。
不動産評価額によって融資額が大きく左右してしまいます。
自分がほしい融資額に見合わないことも多いです。

 

また、カードローンと対して変わらない金利の場合もあります。
カードローンの滞納で不動産担保ローンをお考えの場合、大差ない金利の場合は、意味のない場合もあります。
要するに、失いたくない土地である場合は、不動産担保ローンではなく、債務整理で借金そのものをキレイにした方がいいともいえます。

 

土地はそのままで、債務整理。
債務整理後はしばらくローンやクレジットが組めないので、もしもの時の土地の存在は大きいのではないでしょうか?

 

反対に思い切って不動産担保ローンで、債務整理を回避する場合もありますが、その土地に対する思いや諸事情によって、どう対応してよいか判断するべきでしょう。

関連ページ

土地を担保にした不動産担保ローン
土地を担保にしてお金を借りる方法は、現在不動産担保ローンとして、金融機関の商品になっています。普通のカードローンと違い、金融機関側には土地がありますから、大口ローンやまとめローンとして利用することができるでしょう。
不動産担保ローンを勧められる理由とは
土地がほしいのなら、不動産屋です。金融機関でお金のために土地を担保というのは、保険のようなもので、やはりきちんと返済をしてくれる顧客が良いわけです。銀行や消費者金融では、カードローンとは別に土地を担保にした不動産担保ローンを展開しているところは多いです。
土地を担保にという事は、失うリスクも高い
不動産担保ローンは、土地があればお金が借りられる画期的なローンです。ただし、審査は何かと大変です。まず、無職はNGとされていますが、専業主婦はOKです。
これも不動産担保ローン?リバースモーゲージ
リバースモーゲージという言葉は最近CMで流れることもありますが、ある意味不動産担保ローンと言えるでしょう。ただ大きく違うのは、いずれ失うことを前提としたローンだからです。

このページの先頭へ戻る