不動産担保ローンは、土地があればお金が借りられる画期的なローンです。
ただし、審査は何かと大変です。
まず、無職はNGとされていますが、専業主婦はOKです。
それは夫の収入があればの話ですが、やはり銀行カードローンや消費者金融とは違い、土地や建物の担保の存在は大きいです。

 

貸付金額もその土地の評価額に応じた金額ですから、いざとなれば売却をしてしまうと金融機関は損をしないことになります。
それでも、返済能力がなければ借りられませんし、事業資金の場合、経営内容の確認などの審査もあります。

 

不動産ローンは、担保物件がなくなるかもしれないリスクを抱えての返済になりますが、期間が長いのもポイントです。
返済期間が長ければ、金融機関としては返って好都合ですし、債務者も楽に返済ができます。
融資額を見ると、何千万円というところも少なくなく、多額のキャッシングができますね。

 

ただし、不動産担保ローンをする時に、ひょっとしたらなくなってしまうかもしれないというレスクは常に抱えることになります。
そのお金がどんな使い方をするのかは自由ですが、大金であればあるほど、有意義な内容でなければ、本当に土地や建物は簡単に失ってしまいます。

 

ある意味カードローンよりも残酷なローンで、損をしないのは金融機関だけかもしれません。

関連ページ

土地を担保にした不動産担保ローン
土地を担保にしてお金を借りる方法は、現在不動産担保ローンとして、金融機関の商品になっています。普通のカードローンと違い、金融機関側には土地がありますから、大口ローンやまとめローンとして利用することができるでしょう。
不動産担保ローンを勧められる理由とは
土地がほしいのなら、不動産屋です。金融機関でお金のために土地を担保というのは、保険のようなもので、やはりきちんと返済をしてくれる顧客が良いわけです。銀行や消費者金融では、カードローンとは別に土地を担保にした不動産担保ローンを展開しているところは多いです。
不動産担保ローンのメリットとデメリット、そして債務整理
・メリット、一番は、比較的簡単に大金を借りることができることです。土地は一財産です。何百万という単位はちいさい方で何千万、億単位までの融資額も珍しくありません。
これも不動産担保ローン?リバースモーゲージ
リバースモーゲージという言葉は最近CMで流れることもありますが、ある意味不動産担保ローンと言えるでしょう。ただ大きく違うのは、いずれ失うことを前提としたローンだからです。

このページの先頭へ戻る