土地を担保にしてお金を貸す金融機関の目的は、売るための土地がほしいわけではありません。

土地を担保にしてお金を貸す金融機関の目的は、売るための土地がほしいわけではありません。
土地がほしいのなら、不動産屋です。
金融機関でお金のために土地を担保というのは、保険のようなもので、やはりきちんと返済をしてくれる顧客が良いわけです。

 

銀行や消費者金融では、カードローンとは別に土地を担保にした不動産担保ローンを展開しているところは多いです。
カードローンの申し込みとは別口で、審査内容なども変わってきます。

 

銀行カードローンなどの金利よりも低く、返済期間も長いのが特徴です。
それでいて融資額は大きいですし、総量規制対象外ですから、他にキャッシングなどをしていても、お金を借りることができる場合が多いです。
滞納している借金があったとしても、審査が通ることもあります。
ただし、条件として債務者に返済能力がきちんとあることが前提です。

 

ある銀行カードローンで返済が厳しい時に、その場で不動産担保ローンを勧められることがあります。
不動産担保ローンでお金を借りて、カードローンを完済しましょうということです。
多重債務であれば、それも返済できるだけの貸付をしてくれる場合もあります。
ただし、定職もあり、返済できる可能性が高い場合です。

 

こんなに簡単に土地を担保にしてお金を借りられると思うほど、スルスルとまとめローンが完了してしまいます。
本来なら、この形は理想と言えるでしょう、不動産担保ローンの利息が低ければの話です。

 

銀行だけではなく、消費者金融でも同じようなことがありますが、金融機関は絶対に自分が損をする話は持ちかけてきません。
持っている土地や不動産にもよりますが、その土地が好条件であれば、なおこんな話はゴロゴロしています。

 

冒頭不動産担保ローンは売るためではないと述べましたが、まとめローンなどを勧めるのは、いざというときに売ることができる土地の存在は大きいです。
まとめローンとして多額の貸付を行い、ゆっくりと利息を付けて返済してもらい、もし途中で滞納するようなことがあれば、すぐに土地を奪うことができます。
その時に好条件なら尚良し、ダメでも長く利息の支払いをしてもらえるという算段です。

 

不動産担保ローンは利息が安いと言っても、今までのカードローンの額よりも大幅に多ければ、金融機関の収入も大きくなります。
ローン返済でうまく儲けるために、不動産担保ローンを勧める金融機関があるとしたら、こんな下心があるのかもしれません。

 

しかし、実際に多重債務も回避でき、余裕のある返済であれば、悪くない話だと思われます。

関連ページ

土地を担保にした不動産担保ローン
土地を担保にしてお金を借りる方法は、現在不動産担保ローンとして、金融機関の商品になっています。普通のカードローンと違い、金融機関側には土地がありますから、大口ローンやまとめローンとして利用することができるでしょう。
土地を担保にという事は、失うリスクも高い
不動産担保ローンは、土地があればお金が借りられる画期的なローンです。ただし、審査は何かと大変です。まず、無職はNGとされていますが、専業主婦はOKです。
不動産担保ローンのメリットとデメリット、そして債務整理
・メリット、一番は、比較的簡単に大金を借りることができることです。土地は一財産です。何百万という単位はちいさい方で何千万、億単位までの融資額も珍しくありません。
これも不動産担保ローン?リバースモーゲージ
リバースモーゲージという言葉は最近CMで流れることもありますが、ある意味不動産担保ローンと言えるでしょう。ただ大きく違うのは、いずれ失うことを前提としたローンだからです。

このページの先頭へ戻る